シリーズ

東京・新大久保「イスラム横丁」をゆく。

東京・新大久保は韓流ブームを経て、新たな町へと変貌を遂げています。昨今はイスラム圏の食材を扱う、ハラルフード店が急増して、稀少なスパイスや色とりどりのフルーツ、骨付きの山羊肉などに加えて、いったい誰が買うんだろうという不思議な食材が多く並びます。築地市場が閉鎖された今、イスラム横丁に出かけてみませんか。

もっと読む