東京・新大久保「イスラム横丁」をゆく。
イスラムごはんの名店は八潮にあり!

イスラムごはんの名店は八潮にあり!

ハラルフード店を散策した後、新大久保のイスラム横丁を飛び出して、パキスタン人コミュニティがあるという埼玉の八潮に向かった。イスラムごはんのレシピを教えてもらうために、地域の一番店「カラチの空」へ。まずは店主のザヒット・ジャベイドさんに話を聞いた!

八潮にあるパキスタンだから“ヤシオスタン”。

八潮は案外、近かった。つくばエクスプレスで、秋葉原から最速で20分足らず。そこに通称“ヤシオスタン”があることは知っていたが、駅前のスコーンと抜けた、いかにもサバービアな風景からはパキスタンの「パ」の字も感じられなかった。

駅前のロータリーで待っていると、「カラチの空」店主のザヒット・ジャベイドさんが車で迎えにきてくれた。パキスタンの民族衣裳、シャルワールカミーズを身にまとい、「いらっしゃい」と笑顔で手を振る。

トヨタのワゴンでお迎えしてくれたザヒットさん
トヨタのワゴンでお迎えしてくれたザヒットさん。八潮に住むパキスタン人のトヨタ支持率はダントツで、中でもプリウスが人気だとか。

車に乗り込み、八潮がヤシオスタンと呼ばれるようになった経緯をザヒットさんに聞いてみる。
「バブル期に中古車輸出業者がこの町に増え、それに携わるパキスタン人が来日し、暮らすようになったそうです」
ザヒットさんによれば、八潮市には約150人のパキスタン人が住んでいて、彼らが経営する関連企業は50社近くにのぼるそうだ。
「近隣の越谷市や三郷市なども含めれば、1500人くらいは住んでいるんじゃないかな」
そこまで大勢だとは思ってもみなかった。

八潮はパキスタン人コミュニティの核となる町。モスクも存在する。ならば、彼らの味覚に合う料理店も当然存在するわけで「カラチの空」は、まさにその代表格なのだ。
ザヒットさんがこの店のオーナーとなったのは、2010年。以前は別の人が経営していたそうだ。
「八潮には当時カラチ出身のパキスタン人が多かったので、店名にカラチの地名を入れたそうですが、経営者はインド人(笑)。料理の味にはムラがあるし、お客さんもゲームをしていたり、チャイを飲んでいたりして、全部がバラバラ。きちんとしたおいしいパキスタン料理を提供したくて、私が引き継いだんです」

「カラチの空」外観
賑やかな外観。壁にはめ込まれたテレビからは、以前に「カラチの空」が紹介された「タモリ倶楽部」がエンドレスで流れていた。夜になると電飾が煌めき、ムーディーな雰囲気に。

日本が忘れられず、パキスタンから帰ってきた。

1965年生まれで、現在53歳のザヒットさんは18歳のときに来日し、横浜の電子機器会社に22年間勤務していた。
その後、両親の仕事を手伝うために帰国。実家の稼業は「パキスタンの心臓部」とも呼ばれる、パンジャーブ地方の大都市ラホールにある高級レストランだ。
長年日本で暮らし、日本人の礼儀正しさに触れていたザヒットさんにとって、おおらかすぎるパキスタン人との商売は辛いことも多く、再び日本で働きたいと思うようになっていった。

メニュー
ホワイトボードにウルドゥー語と英語で書かれたメニュー。日本語メニューも卓上にありますが、ここはぜひ、その日のお薦めをザヒットさんに聞いてみてください。さらにディープなパキスタン料理が楽しめます。
写真メニュー
壁に「見える化」されたメニュー。書かれてないものも含め、80種類以上のメニューが存在するそうだ。ちなみに“サーグマトン”は、成長した菜の花の、硬い茎の部分を使った現地そのままのレシピ。日本で食べられる店は希少。絶品です!

「慣れ親しんだ横浜で商売がしたかった。でも、知り合いに紹介された場所が、埼玉県の八潮だった。正直なことを言えば、何もないところだなあというのが、第一印象でした」
薄暗くて汚い店をきれいに掃除し、ラホールから優秀なシェフを呼び寄せ、お店を蘇らせた。それだけではない。八潮に住むパキスタン人に日本のマナーも教えたという。
「郷に入っては郷に従え、です。日本に住んでいるのだから、日本のルールやマナーを守らないと」
大好きな日本で、母国パキスタンの人たちと日本人が軋轢を生むことなく、仲良く暮らしてほしい。そんな思いも強かったと話す。ザヒットさんの努力もあってだろうか「カラチの空」を訪れるパキスタン人は、大声を張り上げたり、喧嘩をしたりすることなどなく、穏やかに会話しながら料理を楽しんでいるそうだ。

ビリヤニ
看板料理のひとつである“ビリヤニ”。大鍋で50人前を4回、200人前が毎日つくられます。味はもちろん現地仕様でスパイシー。付け合せのヨーグルトソース“ライタ”をかければマイルドに楽しめます。

マナーについては“郷に入っては郷に従え”だが、料理の味については一切妥協しない。
「パキスタンの味を忠実に再現しています。日本人の口に合うようにアレンジはしていませんよ」
それでも本当においしければ、パキスタン人も日本人もなく、お客さんは必ず来てくれる。「自信はありましたよ」とザヒットさんは、にやりと笑った。

次回は「カラチの空」の看板料理“マトンコルマ”を、さらにその次は要予約の人気メニュー“チキンカラヒ”のレシピをご紹介します。どちらもパキスタン人のソウルフードで、日本人の舌をも十分に満足させてくれる料理。それほど複雑なレシピではないので、本場の味が再現できるはず。スパイスやマトンなど、使用する食材は、新大久保のイスラム横丁で安く手に入りますよ!

――つづく。

店内の壁面写真
店内の壁面には、ラホールのお城やデコトラの写真などがびっしり貼られていました。その中には、東日本大震災直後、ザヒットさんと仲間のパキスタン人がカレーの炊き出しに通った福島県広野町からの感謝状も。ザヒットさんのやさしさと行動力に胸が熱くなります。
ハラルフードの物販コーナー
店内の一角にはハラルフードの物販コーナー。新大久保でも見かけた、豆やスパイスミックスに混ざって、ローズシロップや粉ジュースなどの珍しいアイテムも売られています。
タンドール窯
厨房の奥にはタンドール窯が。シシケバブやタンドリーチキンなどの焼き物は、壁に掛けられた長い串に刺して窯の中へ。
窯内部
ナンやロティは窯の内側に貼り付けて焼かれます。窯内部の温度は約180度。
客の様子
15時にもかかわらず、お客さんが途切れることはない。日本人客とパキスタン人客の割合がほぼ一緒なのは、オープンな雰囲気のこの店ならでは。
「タモリ倶楽部」の撮影で使用された大道具の看板
内装に違和感なく溶け込んでいるが、飾られているのは「タモリ倶楽部」の撮影で使用された大道具の看板。18歳のときに来日したザヒットさんは、日本のサブカルチャーにも精通しているのだ。
談笑する客
店の奥では、マトンコルマをスナック代わりにつまみながら、パキスタン人のお客さんが談笑していた。

店舗情報店舗情報

カラチの空
  • 【住所】埼玉県八潮市中央1‐7‐11
  • 【電話番号】048‐933‐9888
  • 【営業時間】11:00~22:30(L.O.)
  • 【定休日】無休
  • 【アクセス】つくばエクスプレス「八潮」駅より15分、2人~8人までなら駅からの送迎あり(要予約)。

文:佐々木香織 写真:本野克佳

kaori_sasaki.jpg

佐々木 香織(ライター)

福島出身の父と宮城出身の母から生まれ、東北の血が流れる初老の編集ライター。墨田区在住。食べることと飲むことが好き。お酒は何でも飲むが、とくに日本酒と焼酎ラヴァー。おもな仕事は新聞やウェブでの連載、雑誌や書籍の編集・取材・執筆。テーマは食べもの、お酒、着物など。