東京・新大久保「イスラム横丁」をゆく。
イスラム横丁はスパイス天国だ!

イスラム横丁はスパイス天国だ!

イスラム横丁で一番エッジの立ったハラルフードショップ「ジャンナット ハラルフード」へ。店に入ると目に飛び込んでくるのは、ずらりときれいに並んだ数多のスパイス、さまざまなソースに乾物、お菓子!どれもが各国の人気ブランドというから、びっくり。イケメンのスタッフが忙しなく動き回っていて、活気も溢れている。イスラム横丁を巡るなら、ここからですよ。

そこには、ないスパイスがない?

「新宿八百屋」の荒巻秀俊さんからイスラム横丁の情報を仕入れ、気合を入れ直して歩き出した。まずは八百屋の奥にある「THE JANNAT HALAL FOOD(ジャンナット ハラルフード)」へ。この店が最高に面白かったのだ。

店はイスラム横丁北の端っこにある。間口の狭い入口には、分厚い透明のビニールカーテンが下がっていて、それをバキバキとかき分けながら中へと進む。簡単に出入りしづらい雰囲気が漂っているが、入店してしまえば、そこはもう、スパイスパラダイス!なんと、40種類以上ものスパイスが小分けになって整然と並んでいるのだ。世のカレー好きたちよ、スパイスがほしければ迷わず新大久保へ進路を取れ!と叫びたくなる見事な品揃え。

ビニールカーテン越しに常連さんと談笑する「ジャンナット ハラルフード」のオーナー。カーテンは暖房対策と思われます。
ビニールカーテン越しに常連さんと談笑する「ジャンナット ハラルフード」のオーナー。カーテンは暖房対策と思われます。
インスタント麺が美味しいと言われるインドネシアでも、とにかく大人気だという「インドミーヌードル」。100円也。
インスタント麺が美味しいと言われるインドネシアでも、とにかく大人気だという「インドミーヌードル」。100円也。

“カルダモン”はありますかと聞けば、はいはい、ブラウンもグリーンもありまっせ、とのこと。“クローブ”?ナイわけないでしょ。“ベイリーフ”も、葉脈が縦に流れている正真正銘のインド産が袋にみっちり詰まって300円。安い!我が家の近所では入手できなかったインドのスパイス、“アジョワンシード”も「あるよ」と手渡してくれた。ほかに珍しいものはあるかと尋ねると、「“ロングペッパー”。これもカレーに使うね」。いわゆる“ヒハツ”というスパイスで、ホールのまま袋詰めしてある。50gで500円。ざっと調べたところ、どこよりもネットよりも安かった。恐るべし、「ジャンナット ハラルフード」!

「ジャンナット ハラルフード」が素晴らしいのは、スパイスを詰めたビニール袋に商品名(日本語と英語、ときどきヒンズー語などで表記)、内容量、価格をプリントしたラベルを貼りつけてあること。イスラム横丁で日本語のラベルを貼付してある店はここだけではなかろうか。ラベルがあれば、買い物をするときも、キッチンで保存するときにも日本人にとって本当に便利だ。ご丁寧に“ロングペッパー”を「長いペッパー」と訳してあったり、“スターアニスホール”を「スターアにスホール」と変換ミスもあったりするが、そこはご愛嬌。「一度に3,000~4,000円分のスパイスを買っていく日本人もいるよ」と、まつ毛くりんくりんのイケメン店員さんが教えてくれた。

スパイスは、ホールとパウダーを揃えています。しかも、スーパーで売られている10分の1ほどの価格で。ちなみに、都内では入手困難な“アジョワンシード”は100gで200円。
スパイスは、ホールとパウダーを揃えています。しかも、スーパーで売られている10分の1ほどの価格で。ちなみに、都内では入手困難な“アジョワンシード”は100gで200円。
店内で、最もレアなスパイスのひとつとして、イケメン店員さんがお薦めしてくれた“ロングペッパー”。日本名は“ヒハツ”。50gで500円。
店内で、最もレアなスパイスのひとつとして、イケメン店員さんがお薦めしてくれた“ロングペッパー”。日本名は“ヒハツ”。50gで500円。

恐るべし、「ジャンナット ハラルフード」!

スパイスではないが、個人的に気になる食材があった。dancyu2018年9月号「スパイスカレー 新・国民食宣言」の108pに掲載されている“アルバハラの実”だ。埼玉県八潮市にある有名なパキスタン料理店のビリヤニに使われている、梅干のような酸っぱい木の実で、日本では手に入らないと本文に書いてある。「あるはずないよね~」と思いつつ、ダメもとで聞くと「あなたの後ろの冷蔵庫にあるよ」だって。えええええっ、あるの?あるんだ、“アルバハラ”。もう一度言わせて!恐るべし、「ジャンナット ハラルフード」!

レジ前の冷蔵庫に隠れるように売られる“アルバハラの実”は300円。八潮の有名店でビリヤニを食べると「梅干か?!」と、本当にびっくりします。単品で食べると、プルーンと梅干の中間ぐらいの味。
レジ前の冷蔵庫に隠れるように売られる“アルバハラの実”は300円。八潮の有名店でビリヤニを食べると「梅干か?!」と、本当にびっくりします。単品で食べると、プルーンと梅干の中間ぐらいの味。

店内をぐるりと見渡すと、スパイスだけでなく、インドや東南アジアなどの調味料やお茶、お菓子、長粒米にさまざまな豆、インドの主食、ナンやチャパティや肉、魚介も冷凍で販売されている。オーストラリア産の冷凍の羊肉ブロックが1kg700円だった。「肉のハナ*サ」より安いなあ……。スリランカカレーの必需品、モルディブフィッシュも発見!650円とはお買い得だ。先ほどのまつ毛くりんくりん君が薦めてくれたビスケットの「レモンパフ」と「ジンジャークッキー」はそれぞれ250円。ジンジャークッキーは、はじめてウィルキンソンのジンジャーエールを飲んだときのような衝撃的な味。子どもが食べたら確実に“泣く”辛さだ。

タイ料理に使うソースも棚に並びます。チリソースや、スイートチリソースだけとっても、日本製とは明らかに違います。興味のある方は、ぜひ新大久保へ。
タイ料理に使うソースも棚に並びます。チリソースや、スイートチリソースだけとっても、日本製とは明らかに違います。興味のある方は、ぜひ新大久保へ。
店内奥の冷凍庫には、1匹まるごとのアヒルと淡水魚。アヒルが店頭に特売品として並ぶこともしばしば。
店内奥の冷凍庫には、1匹まるごとのアヒルと淡水魚。アヒルが店頭に特売品として並ぶこともしばしば。
スリランカカレーにかかせないモルディブフィッシュ。650円。ハガツオを乾燥し、チップ状に加工したもの。
スリランカカレーにかかせないモルディブフィッシュ。650円。ハガツオを乾燥し、チップ状に加工したもの。
スリランカ製の「レモンパフ」と「ジンジャークッキー」はどちらも250円。店員さんレコメンド。どちらも本当においしい。イスラム横丁の手土産にぴったり。
スリランカ製の「レモンパフ」と「ジンジャークッキー」はどちらも250円。店員さんレコメンド。どちらも本当においしい。イスラム横丁の手土産にぴったり。

日本のスーパーでは見かけないシャンプーやヘアカラー、スマホケースなどの日用品も網羅している。ひとつひとつじっくり見ていたら、時間がいくらあっても足りないほど。興味は尽きないのだ。

――つづく。

インド製の女性用ヘアケア商品。デザインもシンプルでわかりやすい。横丁ではよく見かける人気アイテム。
インド製の女性用ヘアケア商品。デザインもシンプルでわかりやすい。横丁ではよく見かける人気アイテム。

店舗情報店舗情報

THE JANNAT HALAL FOOD
  • 【住所】東京都新宿区百人町2丁目9-1
  • 【電話番号】03-3366-6680
  • 【営業時間】10:00〜24:00
  • 【定休日】無休
  • 【アクセス】JR「新大久保駅」より2分

文:佐々木香織 写真:阪本勇 イラスト:UJT(マン画トロニクス)

kaori_sasaki.jpg

佐々木 香織(ライター)

福島出身の父と宮城出身の母から生まれ、東北の血が流れる初老の編集ライター。墨田区在住。食べることと飲むことが好き。お酒は何でも飲むが、とくに日本酒と焼酎ラヴァー。おもな仕事は新聞やウェブでの連載、雑誌や書籍の編集・取材・執筆。テーマは食べもの、お酒、着物など。