シリーズ

食の仕事着。

おいしくて豊かな時間を生み出す場所には、日々の仕事と妥協せず向きあうための特別な「仕事着」があるはず――。制服、キャップ、靴、ネクタイからルーティンや験担ぎの一着まで、どんな仕事着が「おいしい」を支えているのだろうか。