辰巳琢郎さんも感動した、キリン渾身のクラフトビール「スプリングバレー」新発売~手加減なしのおいしさから見える、ビールの未来~

辰巳琢郎さんも感動した、キリン渾身のクラフトビール「スプリングバレー」新発売~手加減なしのおいしさから見える、ビールの未来~

  • Sponsored by キリンビール

ビールってこんなにおいしかったんだ!――キリンから渾身のクラフトビール『SPRING VALLEY 豊潤<496>』が新発売。その名の通り、豊潤な味わいと、綺麗な後味を楽しめる逸品だ。3月23日の発売前に、食通で知られる辰巳琢郎さんに味わってもらった。「感動するほどのおいしさ」と辰巳さんが太鼓判を押すその味わいとは?

「おお、華やかな香り。そして味が豊かに広がりますね。余韻が長く続いて、後味も綺麗だなあ」。琥珀色のビールをひと口ごとに堪能して、辰巳さんは満足そうな笑顔でそういった。

『SPRING VALLEY 豊潤<496>(以下、『スプリングバレー 豊潤 <496>』)』は、「ビールってこんなにおいしかったんだ!」という感動体験をより多くのかたに届けるため、素材も手間も時間も一切手加減なしのおいしさで仕上げた新商品。ビールのプロフェッショナルが10年前から構想し、約250回もの試験醸造を重ね※、愚直なまでにおいしさを追求したという。※商品特長である製法の開発にかかった試験醸造の回数。

商品名にある「496」という数字は、個性と飲みやすさの“完璧な”バランスを追い求めた造り手の姿勢を、数学の“完全数”に託したものである。パーフェクトなバランスを目指したその味に、辰巳さんは納得しながらこう続けた。「バランスがいいからこその心地よい苦みで、その苦みもおいしさにつながっていますね」。

商品写真
ビールのプロフェッショナルが愚直においしさを追求し、たどり着いた『スプリングバレー 豊潤<496>』

感動するほどのおいしさ。これぞ、クラフトビール。

辰巳さんも飲んで感動した『スプリングバレー 豊潤<496>』。麦芽をキリンラガーの1.5倍量使い、4種のホップを組み合わせた豊潤な味わいは、まさに、これぞクラフトビールだ。

その製法は独特である。キリンの技術で、かつ難しいとされる「ディップホップ製法」を用い、発酵段階でホップを7日間も漬け込みじっくり時間をかけて香りを引き出すことで、豊潤ながらも綺麗な後味を実現しているのだ。

「だからですね。1杯で満足できるような豊潤さがありつつも、後癖がなく、ずっと飲み続けられるおいしさだと感じました。温度が少しあがってもおいしさが持続するので、ゆっくり楽しめるのもいいですね」と辰巳さん。

辰巳さん
「飲み飽きない、豊潤な味わいがいいね」と喜ぶ辰巳さん。

食通として知られる辰巳さんは、ビールの愛飲歴も長い。「20歳を超えたころにはビヤガーデンでがんがん飲んでいましたよ。そうそう、昔は“ビア”ではなく“ビヤ”ガーデンと呼んでいましたっけね」と懐かしそうに振り返る。

もちろん今もビールは欠かせない存在で、自宅や居酒屋などで「とりあえず一杯」の感覚で飲むことが多いという。「のど越しを求めて楽しむビールのよさもある」。そう前置きしたうえで、辰巳さんは率直にいった。「せっかく飲むのだから『とりあえず』ではなく、本当においしいものを飲みたい。そういう気分のときには、こんなクラフトビールを選びたいですね」。

クラフトビールの時代が来ることを確信している

辰巳さん
東京・代官山にある「スプリングバレー・ブルワリー東京」にて。クラフトビールのおいしさを実感する辰巳さん。

そもそも日本ではクラフトビールの定義はないのだが、キリンビールは「造り手のこだわり、個性や創造性が楽しめるビール」と規定。

「世の中の製品には、アーティストたちがつくるアートプロダクトと、大量生産するマスプロダクトがありますが、クラフトの位置づけはちょうどその中間にあると思うんです。ほんの少し値は張るかもしれないけれど日常的に本物感ある味を楽しめる。今の時代にふさわしいのではないでしょうか」と辰巳さんは言う。

そんなクラフトビールを手にとりやすい缶商品にした『スプリングバレー 豊潤<496>』は、3月23日(火)から全国で発売。愚直においしさを追求し、一切の手加減なしに造った味わいをぜひとも試してほしい。

『スプリングバレー 豊潤<496>』新発売!

スプリングバレー 豊潤<496>
スプリングバレー 豊潤<496>
1870年、日本のビール産業の礎を築いた醸造所「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレー・ブルワリー)」。
その志を受け継ぐキリンビールが、今、原料も手間も時間も一切手加減なしで、渾身の一杯を仕上げました。
きめ細やかなふわとろの泡と、口に広がる麦のうまみ。豊潤なのに、綺麗な後味。
「ビールって、こんなにおいしいものなんだ。」
これぞ、たどり着いたおいしさ。これぞ、クラフトビール。
「スプリングバレー 豊潤<496>」ブランドサイトへ

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

キリンビールお客様相談室
フリーダイヤル:0120‐111‐560

アルコールポリシー

協力してくれた人

辰巳 琢郎(たつみ・たくろう)

辰巳 琢郎(たつみ・たくろう)

俳優。1958年生まれ。大阪市出身。京都大学文学部卒業。芸能界きっての食通、酒通として知られ、『日本ソムリエ協会』名誉ソムリエ、『日本のワインを愛する会』会長を務める他、数々の海外ワイン騎士団の騎士号を贈られている。国連WFP協会顧問、近畿大学客員教授、観光庁アドバイザーをはじめ、観光・文化大使等多数。

文:鈴川 涼香 写真:相澤 正

  • dancyu
  • 読む
  • 辰巳琢郎さんも感動した、キリン渾身のクラフトビール「スプリングバレー」新発売~手加減なしのおいしさから見える、ビールの未来~