春の週末にぴったりのおやつ
いちごソースとホイップバターでごちそうパンケーキ

いちごソースとホイップバターでごちそうパンケーキ

一年中おいしいパンケーキですが、いちごを添えると特別感がぐっとアップ。菓子・料理研究家の若山曜子さんに春の週末にぴったりのおやつを習いました。

ぽかぽか陽気の春のおやつには、爽やかな味わいがぴったり

つやつやのいちご、甘さの増したベリー類、黄色くなったレモン、そこにふんわりと空気を含んだ生クリームやカスタードクリームを組み合わせれば、それだけで心踊るおやつ。春の料理満載のレシピブック「四季dancyu 春のキッチン」から、とっておきのおやつをご紹介しましょう。思いたったらすぐにつくれる、つくりやすさで人気の若山曜子さんのレシピです。

パンケーキいちごソースのつくり方

材料材料 (直径13cm×4枚分)

薄力粉150g
ベーキングパウダー小さじ1/2
重曹小さじ1/3(なければ、ベーキングパウダー小さじ1/2を増量でもOK)
グラニュー糖大さじ2
1個
牛乳80ml
プレーンヨーグルト150g
・ バター20g(有塩)
★ ホイップバター
バター50g(食塩不使用)
・ 牛乳大さじ1と1/2
★ いちごソース
・ いちご6粒
・ メープルシロップ80ml

1下準備

生地に使うバターは湯せんまたは電子レンジで溶かしておく。ホイップバターのバターは室温に戻しておく。

2ホイップバターをつくる

バターは耐熱容器に入れて電子レンジで約20秒加熱してやわらかくし、ハンドミキサーで泡立て、牛乳を加えてさらに泡立てる。

ホイップバターをつくる

3いちごソースをつくる

いちごは洗ってヘタを取り、水気を拭く。さいの目に切って容器に入れ、メープルシロップを加えて和える。

いちごソースをつくる

4粉類をボウルに入れる

薄力粉、ベーキングパウダー、重曹を合わせてボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜる。

粉類をボウルに入れる

5液体を入れていく

別のボウルに卵を割りほぐし、牛乳、ヨーグルトを加えてしっかりと混ぜ、4の真ん中に少しずつ加えて土手をくずすように混ぜていく。

液体を入れていく

6バターを加える

粉気がなくなるまで混ぜ、最後に溶かしたバターを加えて混ぜる。バターを入れるとコクが出る。

バターを加える

7フライパンを熱する

フライパンを中火にかけて熱し、いったんぬれ布巾の上において冷まし、温度を安定させる。

フライパンを熱する

8生地を入れる

再び中火にかけ、お玉1杯分の生地を落とし、素早く伸ばし、フツフツと表面に穴があいてきたら返す。

生地を入れる

9裏面も焼く

1~2分焼いて中まで火を通す。同様にしてあと3枚焼く。器に2枚重ねて盛り、ホイップバターをのせ、いちごソースをかける。

裏面も焼く
完成
ホイップバターだけで食べてもおいしいですが、春の香りを楽しみたいから、いちごソースもたっぷりと用意。パンケーキはツヤツヤの焼き色にするためには、フライパンを十分に熱してからいったん冷まし、それから生地を流し入れて焼きはじめるのがポイントです。

教える人

若山 曜子 菓子・料理研究家

大学卒業後パリに留学、ル・コルドン・プルー、エコール・フェランディを経て、パティシエ、グラシエ、ショコラティエ、コンフィズールのフランス国家資格(CAP)を所得。パリのパティスリーなどで経験を積み、帰国後は企業のメニュー監修、雑誌・書籍などで活躍中。

※この記事の内容は、「四季dancyu 春のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu「春のキッチン」
四季dancyu「春のキッチン」
A4変型判(120頁)
2021年3月13日発売/1100円(税込み)
この本を購入する

文:松原京子 撮影:木村拓

春の週末にぴったりのおやつ 春の週末にぴったりのおやつ

この連載の他の記事春の週末にぴったりのおやつ