馬場典子さん。麦とホップと水でつくる*「グリーンズフリー」に「ノンアルでこんなおいしさ、初めて!」。

馬場典子さん。麦とホップと水でつくる*「グリーンズフリー」に「ノンアルでこんなおいしさ、初めて!」。

  • Sponsored by キリンビール

ノンアルコール・ビールテイスト飲料の決定版!?主原料はビールと同じ、麦とホップと水でつくる*「キリン グリーンズフリー」が人気です。その自然派製法**で生まれた澄んだ飲み心地を、ビール愛好家のフリーアナウンサー・馬場典子さんが体験!とびきりのおいしさを語ってくれました。
*原材料:麦芽(外国製造)、大麦、米発酵エキス、ホップ/炭酸
**自然派製法とは、素材の良さを引き出した雑味のない味わい(自然派ビールテイスト)を実現する製法を表しています。

ノンアルこそ、おいしさが大切。「しっかりとした味と香りを楽しめる。こんな体験、初めてです!」

「食べること、飲むことも大好き」と公言する馬場典子さん。ビール愛好家でもあり、ビール関連の資格を持つほどビールに詳しい。

──早速ですが、大好評のキリンのノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリン グリーンズフリー」を飲んだ感想は、いかがですか?

馬場 おいしかったです。正直、びっくりしました。
私、ビール大好きなんですが、普段の生活の中で体がすごく疲れているときや、どうしてもお酒が飲めないタイミングってあるじゃないですか。そんなときにノンアルコールビールを飲むと、私がこれまでに飲んだことのあるノンアルビールは、どうしても味が薄いというか、軽すぎるというか、どこか物足りない感じがあって……。
もっと言うと、飲んだときに最初に感じる“薄さ”と、後から追いかけてくる味や香りが別物で、どこか分離している、一体感がないような印象のものが多かったんですよね。
でも、「グリーンズフリー」はそうじゃない。味と香りがちゃんとあって、心地いい満足感がありました。

──もう少し具体的に聞かせてください。

馬場 「グリーンズフリー」は、しっかりとした飲みごたえがあるんですよ。
飲み口は、軽いというより“軽やか”。これはある意味、アルコール0.00%のいいところだと思うんですが、香ばしい香りとか、ほのかな甘味や心地いい苦味、コクも全部バランスよくあって、自然な一体感がある。そして、くどくない。
個人的には、ノンアルで初めての体験でした。

香料や人工甘味料は無添加。ビールの原材料である麦、ホップを主原料としてつくり(米発酵エキス使用)、おいしいビールテイストを実現した「キリン グリーンズフリー」。とびきりおいしいノンアルビールとして大注目の一本だ。

麦とホップと水……。「ビールの原点とシンプルに向き合う姿勢に、共感します」

「麦のうまみを、ちゃんと感じるんです」。

──先ほど「個人的には、ノンアルで初めての体験」とおっしゃいましたが、「グリーンズフリー」は製法が独特です。通常のノンアルビールでは、香料や人工甘味料を添加することでビールテイストをつくっているのですが、「グリーンズフリー」は香料も人工甘味料も無添加。基本はビールと同じ、麦とホップ、素材の良さを引き出すことで、このおいしさを生み出しているんです。※米発酵エキス使用

馬場 それで雑味のない味わいになっているんですね。
私、もともとお料理でも、足し算、足し算で味を重ねていくよりも、“素材の味が生きている”ものが好きなんです。そのほうが、すっと体になじんでいく感じがして。
だから、ビールの原点の素材でつくるという姿勢には、とても共感します。
「グリーンズフリー」には、麦のうまみやホップの爽やかな香りも感じますし……。

「グリーンズフリー」をグラスに注ぐ。「すごく爽やかな香りがします」。

──その点も「グリーンズフリー」の製法が関係しています。「グリーンズフリー」では、麦汁にホップを入れるタイミングにも工夫を重ね、キリンが培ってきたキリン独自の技術である“ホップアロマ技術”を採用することで、ホップ本来の爽やかな香りを引き出しているそうです。

馬場 なるほど……。時間や手間を惜しまず、ビール本来の姿に向き合っているんですね。その意味では、最近流行のクラフトビールにも通じる姿勢があるのかもしれませんね。
ノンアルなら何でも同じではなくて、「グリーンズフリー」には、グリーンズフリーならではの“個性”を感じました。

おいしくないと飲みたくない!「グリーンズフリーには、『選びたくなる』味わいがあります」

ナチュラルな生き方を感じさせる馬場さん。最後に、「グリーンズフリー」の楽しみ方をうかがいました。

──馬場さんがおっしゃる「グリーンズフリー」ならではの“個性”。最後に、馬場さんならどのように楽しまれますか?

馬場 やっぱりまずは、お料理と一緒に楽しみたいですね。ぱっと思いつくのは、タイ料理。タイ料理って、オイリーでもなく軽やかだけど、甘味も酸味も辛味もあって、ハーブの香りも豊か。すごく相性がいいだろうなって思います。
それと、味わいだけでない“個性”で言うと、この「グリーンズフリー」の素材に向き合っている心地よさ、「何かいいな」という気持ちを大事にしたいですね。

──「何かいいな」という気持ちというと?

馬場 最近、年齢とともに自分の好みがはっきりしてきたというか(笑)。特に新型コロナがあって、友達とも「本当に会いたい人がわかってきた」「生活に余計なものは入れたくないね」などと話す機会が増えました。お料理や飲み物でも、同じなのかなって感じるんです。
何がいいか?は、本当に人それぞれで、強いこだわりじゃなくていいと思うんですけれど、自分が「何かいいな」と少しでもプラスの気持ちになれるものが多いほうが、ハッピーじゃないかなと。
「グリーンズフリー」には、素材に向き合う製法にエシカルな姿勢も感じますし、やっぱり、おいしくないと飲みたくない!(笑)。わがままかもしれないけど、ノンアルビールも自分の感性にフィットするものを選びたいと思っています。

自然派製法*でつくった、澄んだおいしさ。「キリン グリーンズフリー」好評発売中!

「キリン グリーンズフリー」
ノンアルをおいしくする答え、それはビールの原点と向き合うことにありました。「キリン グリーンズフリー」の主原料はビールと同じ、麦とホップと水**。香料や人工甘味料は一切使わず、素材そのものの良さを引き出す数々の製法により、麦本来のうまみとホップ本来の爽やかな香り、これまでにない澄んだおいしさを実現しています。今、大注目のノンアルコール・ビールテイスト飲料!
*自然派製法とは、素材の良さを引き出した雑味のない味わい(自然派ビールテイスト)を実現する製法を表しています。
**原材料:麦芽(外国製造)、大麦、米発酵エキス、ホップ/炭酸
「キリン グリーンズフリー」公式サイトへ

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

キリンビール株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル:0120‐111‐560

馬場 典子(ばば・のりこ)

1974年生まれ。東京都出身。早稲田大学商学部卒業。97年~2014年まで、日本テレビアナウンサーとして同局を代表する数々の番組のレギュラー司会を担当。現在は、フリーアナウンサーとして、報道、情報、バラエティー番組など多方面で活躍中。15年より、大阪芸術大学放送学科教授も務める。

写真:牧田健太郎 衣装協力(ネックレス、ピアス):ヴァンドーム青山本店(TEL:03-3409-2355) スタイリスト:山崎由佳 ヘアメイク:谷口あゆみ

  • dancyu
  • 読む
  • 馬場典子さん。麦とホップと水でつくる*「グリーンズフリー」に「ノンアルでこんなおいしさ、初めて!」。