樋口 真嗣

樋口 真嗣 (ひぐち・しんじ)

映画監督・特撮監督・映画作家

1965年東京生まれ。特撮、アニメ、実写と幅広く活躍する映画監督。高校卒業後、1984年に「ゴジラ」の造形助手として映画界入り。1995年に特撮監督を務めた「ガメラ 大怪獣空中決戦」で、日本アカデミー賞特別賞特殊技術賞を受賞する。庵野秀明監督の大ヒットTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」では、脚本や絵コンテとして参加。その後、2005年に実写映画「ローレライ」で監督デビュー。2006年「日本沈没」、2008年「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」、2012年「のぼうの城」、2015年「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」と数々のヒット作を監督。2016年の「シン・ゴジラ」では日本アカデミー賞・最優秀監督賞を受賞と、大人気作をつくり続けている。最新作は2022年に監督した「シン・ウルトラマン」。

樋口 真嗣さんの関連記事

7
もっと読む