連載

ポルトガルの家庭料理

ユーラシア大陸最西端の国、ポルトガル。どのヨーロッパの国よりも遠い場所にありながら、日本人が親しみや郷愁を感じる国といわれます。その理由の一つは、おそらく食文化。肉、野菜のほか魚介類をたっぷり、さらに、米料理も豊富。しかも基本の味つけが塩、オリーブオイルとシンプルで、クセがなく、初めてでも苦手な人が少ないのが特徴です。ポルトガルの食文化に魅せられ、かの地に通って料理を教わった馬田草織さんに家庭料理のあれこれをご披露いただきました。