シリーズ

マグロをめぐる冒険。

日本人はマグロ好きである。国産の本マグロは漁獲量も少なく、高値がつく。毎年、初競りになれば、いくらで落札されるかが大きなニュースとなって、2019年も例外ではなかった。マグロはいかにして、私たちの口に入るのだろうか。そもそも、美味しいマグロってなんだろう?マグロの仲卸を通して、マグロという魚に迫る。