シリーズ

ドイツワインの轍。

1980年代、大量生産で安価なワイン生産地としてのイメージに悩まされたドイツ、ラインヘッセン。かつては甘口ワインの名産地として知られたが、世界的な信頼は揺らぎ、生産者たちは低収入にあえいだ。そんな中、たった10人ほどの若手生産者たちがドイツワインの未来を変えるため、誓いを立てる。「テロワールを映した、すごいワインを造ろう」。ドイツが世界的なビオの産地を目指す物語の幕開けだった。

もっと読む