ドイツワインの轍。
「CASSIEL」で味わうモダンドイツワイン。

「CASSIEL」で味わうモダンドイツワイン。

ドイツワインを知りたければ「CASSIEL」に行こう。90種類以上のワインと、小気味よいおつまみが愉しめる。もちろんワインの持ち帰りも可能だ。11年間、ドイツで暮らした店主の森彩さんに訊けば、ドイツワインの”いま”も丁寧に教えてくれるだろう。「CASSIEL」の門戸は誰にでも開かれている。

「CASSIEL」では“いま”のドイツワインが味わえる。

小田急線経堂駅から徒歩わずか2分ほど。小道に入ると、ブルーグレーの壁に「CASSIEL(カシエル)」の文字と、天使のロゴデザインが浮かび上がる。なんの店だろうと、ふと足がとまる人も多いに違いない。

ドイツワイン
シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)、ドルンフェルダーなどさまざまな品種の赤ワインがグラスでも愉しめる。

「店名は大好きなドイツ映画『ベルリン天使の詩』から取りました。主人公の天使の名を拝借したんです。本当はドイツ語の名前にしたかったんですけれど、濁音が多いので、もう少しやさしい語感の言葉を探していたときに、ふとこの映画を思い出しました」
店主の森彩さんはそう話す。その印象的なロゴデザインは、友人であるミック・イタヤさんに依頼した。「ユニクロ」創業時のビジュアルを手がけた、知る人ぞ知るアーティストだ。

ワインセラー
90種ほどのワインが並ぶ店内のワインセラー。ワインのみを購入して持ち帰ることも可能。飲み手にとって使い勝手がいいのも大きな魅力。
店主の森彩さん
「フランスワインやイタリアワインと同じように、ドイツワインがあたり前に飲まれるようになること。それが目標です」。今後はドイツワインの輸入もやりたいと話す森彩さん。

「天使のロゴデザインは、口にくわえているのがぶどうの実、髪飾りはぶどうの花、髪の毛の部分は店名になっています」
確かに、いかにも西洋人らしい天然くるくる髪をよく見ると、「CASSIEL」とそこには書かれていた。
ここはドイツワイン専門店。店内はきわめてシンプルではあるけれど、そこかしこにアートセンスをうかがわせる洗練が潜む。そして、肝心のワインリストもまたビビットだ。ビオや若手生産者など“いま”の空気を感じさせるモダンドイツワインが揃う。

こんな使い勝手のいい店が最寄駅にあったなら。

常時10種ほど用意されているグラスワインは50ml、100ml、150mlから選べる。50mlはテイスティング感覚でいくつかのワインを同時に頼み、飲み比べるのが愉悦。さらに100mlと150mlだと、小さなつまみがつく。
季節によって異なるつまみは、この日は枝豆と豆腐の「冷製すりながし」、そしてチキンスープを使った洋風「きんぴら」など。連れとグラスワインを各人2杯ずつ飲んだら、たちまち4種のつまみがテーブルに並んでしまった。その気軽なバル的雰囲気に、ココロ浮き立つ。

「カリーヴルスト カシエル風」880円。ドイツではソーセージにケチャップとカレー粉をかけるファストフードがある。トマトソースと自家製カレースパイスでそれをアレンジ。軽めの赤と合う。

「私がドイツに住んでいた頃は、食事とドイツワインを普通に楽しんでいたんです。でも日本に帰ってきたら、ドイツワインはまだまだ甘口、というイメージで。それって現地ではもう20~30年前のトレンドなんですよ。食べつつ飲む、というのを気軽に体験していただきたくて、おつまみもつけることにしたんです」
現代のドイツワインは辛口で繊細。だから、和のテイストを取り入れたおつまみともよくマリアージュする。

シェフの池端剣さんは都内のイタリアンでサービスを11年務めた。その後、スペインバルを経営し、現在は同店のシェフに。
「ポルチーニのフェットゥチーネ」1,870円。ピノ・ブランやピノ・グリなどコクのある白と相性が良い。かつてローマ帝国の一部だったドイツでは、イタリアンもよく食されている。

森さんは三越百貨店のフランクフルト支店で、6年間にわたりドイツワインを販売した。ドイツには計11年間在住。帰国後、飲食店の経験がなかったゆえワインの小売のみをやろうかとも考えたが、やはり“食事とドイツワイン”の魅力を伝えたいと、飲食店を併設した形に決めた。2019年2月、「CASSIEL」はこの地に誕生した。

左から、辛口の白「シュミット リースリング2015」3,300円、料理にあわせてカジュアルに飲めるやや甘口の赤「ジャン・ブッシャー ドルンフェルダー2017」2,420円。ともにラインヘッセン地方のワイン。

店内にはワインセラーがあり、90種ほどのワインのなかからボトルを購入してもいい。そのまま店で飲めば、グラス代としてひとり330円追加するだけ。こんな使い勝手のいい、ワインリストも魅力的な店が最寄り駅にあったなら。そんな想いがよぎった瞬間、否定する。いやいや日々、家路が遠くてタイヘンではないか。そんな断片的思考をぐるぐると巡らせながら、酩酊の淵へと落ちていくのだった。

ドイツワイン

店舗情報店舗情報

CASSIEL
  • 【住所】東京都世田谷区経堂1‐18‐6
  • 【電話番号】03‐6413‐7990
  • 【営業時間】17:00~22:00(L.O.)、土日祝日は14:00~
  • 【定休日】火曜
  • 【アクセス】小田急線「経堂駅」より2分

文:鳥海美奈子 写真:kobayashiworld

「CASSIEL」で味わうモダンドイツワイン。

鳥海美奈子(ライター)

ノンフィクション作品の共著にガン終末期を描いた『去り逝くひとへの最期の手紙』(集英社)がある。2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在、文化や風土、生産者の人物像とからめたワイン記事を執筆。著書に『フランス郷土料理の発想と組み立て』(誠文堂新光社)。雑誌『サライ』(小学館)のWEBにて「日本ワイン生産者の肖像」を連載中。陽より陰のワインを好みがち。