ドイツワインの轍。
リースリングは、堅牢で、柔和で、グラマラス。

リースリングは、堅牢で、柔和で、グラマラス。

世界中に数多くあるリースリング種で造られたワイン。中でもドイツのリースリングは、多くの人を魅了している。ぶどうが育った環境によって表情を様々に変え、一杯ではとても味わいきれない奥深さがあるからだ。

めくるめくリースリングの味わい。

精緻なミネラル、エレガントな酸味とほのかな甘味が調和する世界。ドイツのリースリングの魅力をたとえるなら、こうなる。けれど、その味わいは同じリースリングでも表情がさまざまに違う。ときに堅牢。ときに柔和。ときに肉づきよくグラマラス。ときに引き締まり緊張感に満ちている、といったように。

西部・火山性土壌のワイン
シュテンペルの「リースリング ヘーアグレッツ」。所有畑のなかでもグラン・クリュに匹敵する最高の畑。シトラスフルーツやスパイスのアロマ、緻密なミネラルと美しい酸が織り重なる表現力に富んだワイン。

リースリングというぶどう品種の大きな特徴は、土壌や気候といったテロワールそのものが味わいへと素描されること。ドイツ現地で毎年8月下旬に行われるグラン・クリュの大試飲会では、リースリングだけで300種類もの銘柄が並ぶ。
それを1日かけてテイスティングしていく。飲まずに味見だけして吐き出すとはいえ、いや、飲むのはときどきとはいえ、舌や口腔などの粘膜、呼気からもわずかずつ微量のアルコールは摂取されていく。カラダはボディブローを受けたようにゆるりと疲弊し、侵食されていく。
でも飲んでも飲んでも、いや違った、試飲しても試飲しても、むしろそのワインごとの差異はグラデーションのように際立っていく。リースリングの深淵なる世界。

ヴィットマン・モアシュタインの畑
ヴィットマンのワイナリーが持つ特級畑「モアシュタイン」は2300万年以上前に形成された石灰質土壌で主に構成されている。土壌が白い部分がある。
南部のモアシュタインのワイン
特級畑モアシュタインの樹齢10~20年の若木のぶどうを使ったヴィットマンの「ヴェストホーフェナー・リースリング・トロッケン」。グレープフルーツやパッションフルーツのような華やかな香り。伸びやかで透明感がある。

ラインヘッセンという地域の土壌は、モザイク状になっている。だから必然、土地ごとにリースリングの味わいも異なる。ラインヘッセン全体に広く分布しているのは、ドイツ語で「レス」と呼ばれる石灰質をふくんだ黄土。
黄土は氷河などに堆積していた岩粉が風によって運ばれてきたもので、見ると実際にやや黄色みをおびている。手に触るとさらさらと崩れるほど軽く、水はけよく、やや肥えた土壌と言われる。
このテロワールからは、繊細さと透明感、柔らかな味わいのリースリングが生まれる。言うなれば、麦わら帽子をかぶった、やさしく素朴な美少女といった趣だ。

レス土壌
黄色でさらさらとした手触りのレス土壌。ラインヘッセン全体に広く分布する。

赤い土壌が育むグラマラスなリースリング。

ドイツではVDPという生産者団体が独自に畑の格づけを行っていて、それは地域により3〜4段階に別れる。その格づけのもと、ラインヘッセンで特級畑が連なる地として名高いのがローター・ハングだ。東部のナッケンハイム村からニアシュタイン村にかけて広がる一帯で、そこに佇めば、遥か眼下に、ライン川が悠々と流れる様を見ることができる。
“父なる川”とドイツ人が愛着とともに呼ぶその川面に向かって斜めに落ちこむ畑は、歩くのすら困難なほど。
ここで日々、畑仕事にとりくむ生産者の苦労はいかばかりかと、深く嘆息する。ローター・ハング、とは“赤土の急斜面”という意味で、本来は地下深くにあった2億9000万年前の赤底統の地層が断層により露出したところ。土はその名のとおり赤い色をしている。

ローター・ハング生産者
ローター・ハングの生産者が集って試飲会が行われた。一番左がワイナリー、グンダーロッホの当主ヨハネス・ハーゼルバッハさん。
レッドストーンボトル
グンダーロッホの「レッドストーン・リースリング」。ローター・ハングの名を世界に広めるために、銘柄名をあえてシンプルに英語表記「レッドストーン」とした。

この土壌から育まれたリースリングは黄色の果実やスパイシーな香りがグラスいっぱいに立ち昇り、華やかで、ボディもしっかりしている。グラマラスで艶やかながら、気品ある女性といった感じだ。生産者グンダーロッホの「レッドストーン・リースリング」はその代表格である。

一方で、南にある特級畑は約2300万年前は海底であり、サンゴ礁が結晶したことにより形成された石灰質土壌が広がる。貝殻の化石などもときおり探すことができて、畑を歩くと、まるで宝探しのようで愉しい。

VDP
ボトルの首の部分にある鷲とぶどうのマーク。VDPに加入を認められた生産者であることを示す。高品質の証。

そのひとつ、ヴェストホーフェン村にはモアシュタインという世界的に有名な銘醸地がある。そこから生まれるヴィットマンの「ヴェストホーフェナー・リースリング・トロッケン」は緻密で伸びやかなミネラルと美しい酸に貫かれ、あと味には塩味も感じられる。背筋のぴしっと伸びた、ピュアで澄んだ瞳の美女を連想させる。
さらに、ラインヘッセン西部のジーファースハイム村近辺には火山性の斑岩や鉄分を含んだ片岩があり、そのリースリングは熟した果実とボリューム感、強靭なミネラルに裏打ちされたテンションの高いものとなる。
シュテンペルの「リースリング ヘーアグレッツ」はそんな味わいの魅力に満ち、火山性土壌のポテンシャルを充分に謳いあげる。美貌と自信に溢れた、モデルタイプのパワフルな女性といったところか。

石灰質土壌
石灰質土壌の下に広がる石灰岩は大昔の海底生物の死骸で形成された鉱物。保水性は高いが、水分が飽和すると水を排出するのでワインづくりに向くといわれる。

飲み比べてみると、それぞれに個性がまったく違う。それはワインが単なる酒ではなく、まぎれもない文化であることの証左だろう。ひとつのことを極めたいと、なにかに挑戦した経験のある人なら、そのワインの穿ちがどれほど深く底知れないかは容易に想像がつくだろう。

――つづく。

文:鳥海美奈子 写真:German Wine Institute/鳥海美奈子

minako_toriumi.jpg

鳥海美奈子(ライター)

ノンフィクション作品の共著にガン終末期を描いた『去り逝くひとへの最期の手紙』(集英社)がある。2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在、文化や風土、生産者の人物像とからめたワイン記事を執筆。著書に『フランス郷土料理の発想と組み立て』(誠文堂新光社)。雑誌『サライ』(小学館)のWEBにて「日本ワイン生産者の肖像」を連載中。陽より陰のワインを好みがち。