連載

「三好弥」には昭和が残っていた~“実用洋食”一門の系譜をたどる~

「三好弥」という屋号の洋食店、またはとんかつ店は都内各地に存在する。大抵の場合、そのたたずまいは「昭和の風情」といった感じの店である。どこかの町の三好弥で一度は食事をしたことがある、という方も少なくないのではないだろうか。
グーグルマップで店名を検索すると、都内のあちこちに店名が表示される。調べるうちに、愛知
県三河地方にもあることが分かった。それぞれの店にはどのような関連性があり、どんな歴史をたどってきたのかと疑問が湧いた。その疑問を解くために、三好弥の系譜をたどることにした。

  • dancyu
  • 連載
  • 【「三好弥」には昭和が残っていた~“実用洋食”一門の系譜をたどる~】