「ル ジャングレ」の豆皿つまみ
もったり濃厚な"なすペーストのシーザーサラダ風"

もったり濃厚な"なすペーストのシーザーサラダ風"

万能焼きなすペーストを、ドレッシング代わりに!和えるときに黒胡椒をたっぷり使うと、より美味しくなります。柔軟な発想を持った東京・飯田橋にある酒場「ル ジャングレ」の有澤貴司シェフらしい、ユニークな組み合わせの豆皿つまみレシピです。

なすペーストのシーザーサラダ風のつくり方

姿が見えないのに焼きなすの味がして、黒胡椒がピリッ。少量でも満足の、つまみ仕立てのシーザーサラダだ。シャキッとしたロメインレタスの食感は箸休めの一品としても◎。

おいしく飲むコツ
豆皿には、うずらの卵の黄身がちょうどいい。たくさんつくった時は、鶏卵の卵黄を添えて、和えながらどうぞ。合わせるのは、樽のきいたシャルドネを使った白ワイン。樽の香りは、なすを焼いたグリル香やたっぷり入れたチーズとも相性がいい。

材料材料 (つくりやすい分量)

ロメンレタス1枚
万能焼きなすペースト大さじ1
ひとつまみ
うずらの卵の卵黄1個分
ペコリーノチーズ適量(塊、パルメザンチーズでも可)
黒胡椒適量

1ロメインレタスの下準備

レタスは一口サイズに切る。

2和える

ボウルに、1とペースト、塩、黒胡椒適量を入れてよく和える。

3チーズをすりおろす

皿に盛り、チーズをすりおろしてかける。

4仕上げる

卵黄をのせ、仕上げに黒胡椒をたっぷりふり完成。

完成

教える人

有澤 貴司 「ル ジャングレ」オーナーシェフ

有澤 貴司 「ル ジャングレ」オーナーシェフ

ホテルのフレンチや、東京・西麻布にあるフレンチレストラン「OHARA ET CIE」などを経て、27歳のときに学芸大学で「ワイン酒場booze」を開店し大繁盛店に。その後、2016年に飯田橋に場所を移し、ナチュラルワインと日本酒が充実した「ル ジャングレ」を開店。ジャンルレスの料理と心地よい空間に、多くの人が魅了されている。

外観
「飯田橋駅」A4出口から出て、小道を曲がると見えてくるグリーンが目印。2022年4月に改装し、カフェも併設するように。
内観
全25席(カウンター8席)。カード可。禁煙。生ビール680円、日本酒は半合500円~、グラスワイン900円~、ボトルワイン5500円~。店内にはウォークインのワインセラーがあり、ナチュラルワイン中心。

店舗情報店舗情報

ル ジャングレ
  • 【住所】東京都千代田区飯田橋4-7-4
  • 【電話番号】03-6261-6233
  • 【営業時間】18:00~23:30(閉店)
  • 【定休日】日曜ほか不定休あり
  • 【アクセス】東京メトロほか「飯田橋駅」から2分

文:浅妻千映子 撮影:竹之内 祐幸

浅妻 千映子

浅妻 千映子 (食ライター)

大学卒業後、3年間のゼネコン勤務ののち、ライターに。雑誌やweb等で活躍。料理研究家としてレシピ開発も。著書に『江戸前握り』『パティシエ世界一』(光文社新書)など、レシピ本に『浅妻千映子キッチン』(ぴあ)、『ほめられレシピ』(主婦と生活社)がある。『東京最高のレストラン』(ぴあ)の審査員。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。