魅惑の“せいろ”料理
旨味が染み込んだ春雨がたまらない"肉だんごと春雨の中華蒸し"

旨味が染み込んだ春雨がたまらない"肉だんごと春雨の中華蒸し"

肉と野菜の美味しさを一つの器で堪能できる一品です。スープよりも濃厚に旨味が楽しめる、蒸し物ならではの美味しさを味わってみてください。せいろを使ったほかほか蒸し料理を料理研究家の大庭英子さんに教わります。

“肉だんごと春雨の中華蒸し”のつくり方

肉だんごが主役なのですが、見逃せないのが肉や野菜から出た旨味をしっかり吸い込んだ春雨。このおいしさには絶対はまります!次は春雨を増量してつくりたくなるはず。

材料材料 (2~3人分)

★ 肉だんご
・ 豚挽き肉200g
・ 生きくらげ40g
・ 長ねぎ大さじ3(みじん切り)
・ 生姜汁小さじ1
・ 酒大さじ1
・ 醤油小さじ1
・ 塩少々
・ 胡椒少々
・ 片栗粉大さじ1
春雨50g
れんこん小1節
青梗菜1株
にんじん1/2本
★ 合わせ調味料(混ぜ合わせる)
・ 醤油大さじ1
・ 酒大さじ1
・ 胡椒少々
・ 胡麻油大さじ1/2

1肉だんごをつくる

きくらげは石突きを切り、粗いみじん切りにする。ボウルに肉だんごの材料をすべて入れ、手で粘りが出るまでよく混ぜ、6等分にして水で濡らした手で丸く形づくる。

2春雨をもどす

春雨は長さ7~8cmに切り、40℃ぐらいのたっぷりの湯に20分ほど浸してやわらかくする。

3野菜の下ごしらえ

れんこんは皮をむいて縦半分に切り、幅8mmの半月切りにして水でさっと洗い、水気を拭く。青梗菜は長さを4等分に切り、根元は縦半分に切り、さらに縦3等分に切る。にんじんはピーラーで帯状にスライスする。

4材料を器に入れる

せいろに入る器2個の中心に春雨を敷き、肉だんご、れんこん、にんじん、青梗菜の根元を盛り合わせる。

5蒸す

全体に合わせ調味料をかけてせいろに入れ、強火弱で15分ほど蒸し、青梗菜の葉先をのせてさらに5分ほど蒸す。

完成

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事は四季dancyu「秋の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833478144
2019年09月13日発売/1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。