中華鍋でつくるダイナミック料理
程よい甘味がたまらない和風肉味噌でつくる"ジャージャー麺"

程よい甘味がたまらない和風肉味噌でつくる"ジャージャー麺"

挽き肉をポロポロになるまで炒めてつくった肉味噌は、メイン料理にもちょこっとした副菜にも大活躍してくれます。中華鍋は炒める、揚げるはお手のもの、加えて燻(いぶ)すもできる万能調理器具!そんな中華鍋だからつくれるダイナミックな料理を、料理研究家の大庭英子さんに習いました。

肉味噌をまとめてつくっておくと便利

ポロポロの挽き肉は肉味噌にも大活躍。麺やご飯のお供として、また、豆腐にのせたり、野菜と和えたり、主菜も副菜もあっという間に出来上がります。保存容器に入れて、冷蔵庫で4~5日保存可能です。

“定番肉味噌”のつくり方

材料材料 (つくりやすい分量)

豚挽き肉400g
サラダ油大さじ1/2
長ねぎ1/2本分(みじん切り)
生姜大さじ1(すりおろし)
赤だし味噌120~150g
砂糖大さじ3~4
大さじ4
1/2カップ

1挽き肉を炒める

中華鍋にサラダ油を中火で熱して挽き肉を入れ、レードルの底で中華鍋に押しつけるようにしては返し、を繰り返しながら炒める。

2煮詰める

肉の色が変わってポロポロになったら、ねぎ、生姜を加えて炒め、味噌、砂糖を加える。酒をふり、水を加えて混ぜ、蓋をして弱火で7~8分煮詰める。

定番肉味噌
赤だし味噌と砂糖で和風味に。ねぎと生姜をきかせて深みのある味わいに。

“ジャージャー麺”のつくり方

材料材料 (2人分)

うどん2人分(冷凍)
青梗菜1株
肉味噌大さじ4~6
温泉卵2個(市販品)
長ねぎ少々(せん切り)
一味唐辛子少々

1下ごしらえ

青梗菜は縦半分に切ってから縦4等分に切る。

2うどんをゆでる

うどんはたっぷりの熱湯に凍ったまま入れ、ゆで上がる少し前に青梗菜を入れてゆで、しんなりしたら、ザルにあげてゆで汁をきる。

3うどんを冷ます

うどんを冷水で洗って冷まし、水気をきる。青梗菜は水気を絞って長さを半分に切る。

4器に盛る

器にうどんと青梗菜を盛り、温めた肉味噌をのせ、温泉卵ものせる。ねぎを添えて一味唐辛子をふる。

完成
冷たいうどんでつくる和風の麺は、夏のお昼ごはんに大活躍。温泉卵でタンパク質強化。とろ~り流れ出した黄身を全体にからめて召し上がれ。

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。