中華鍋でつくるダイナミック料理
キッチンでつくれる"中華鍋燻製"!

キッチンでつくれる"中華鍋燻製"!

燻製がわが家のキッチンで手軽にできる!必要なものは丸い焼き網とチップだけ。本格的な味わいが、こんなに簡単にできるなんて、と感動するはずです。中華鍋は炒める、揚げるはお手のもの、加えて燻(いぶ)すもできる万能調理器具!そんな中華鍋だからつくれるダイナミックな料理を、料理研究家の大庭英子さんに習いました。

“中華鍋燻製”のつくり方

まずは、干して水分を抜いたり、長く下味をしみ込ませたり、の手間がいらない材料でつくってみてください。〆さばの代わりに塩さばでも、また、塩鮭でつくるのもおすすめです。チーズは溶けてなくなってしまわないように、プロセスチーズでつくるのがポイントです。チップの種類は問いません。好みの香りのものでつくってください。

ナッツもおすすめ!

香ばしいナッツは食べだしたらやめられません。焼き網の上にオーブンペーパーを広げてその上にナッツを置いて燻してください。

ナッツ

材料材料 (2~4人分)

★ 燻製鶏
・ 鶏ささみ3本(150g)
・ 塩小さじ1/5
・ 胡椒少々
・ 白ワイン大さじ1
★ 燻製卵
・ 卵3個
・ 酒大さじ2
・ みりん大さじ1
・ 醤油大さじ3
〆さば1/2尾(半身(市販品))
プロセスチーズ3個(6Pタイプのもの)
チップ適量(桜)
ピクルス適量
イタリアンパセリ適量

1ささみに下味をつける

燻製鶏のささみは塩、胡椒、白ワインをふり、1時間ほどおいて下味をつける。

2ゆで卵に下味をつける

燻製卵の卵はかたゆでにして、冷水にとって冷まし、殻全体に細かいひびを入れる。ビニール袋に調味料とともに入れ、2~3時間おいて下味をつける。

3さばをカットする

さばは長さを半分に切り、縦半分に切る。

4燻製のセットをつくる

中華鍋に燻製セットをつくり、ささみの水気を拭いて焼き網にのせる。他の材料も間をあけながら置く。チーズはオーブンペーパーに間隔をあけて置く。

燻製のセットをつくる
燻製のセットをつくる

5燻す

蓋をして中火にかけ、煙が出始めたら弱火にして10~15分燻す。

6器に盛る

材料を取り出して冷まし、卵は殻をむき、ささみは食べやすく切る。器に盛り合わせ、ピクルス、イタリアンパセリを添える。

完成

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。