dancyu本誌から
炭火焼きアウトドアレシピ ~野菜編~

炭火焼きアウトドアレシピ ~野菜編~

dancyu11月号アウトドア特集の“炭火”記事にて、炭火焼きで失敗しない焼き方を指南してくれた森枝幹シェフ。誌面でも紹介した野菜の焼き方と魚の焼き方で紹介しきれなかったレシピをWEBで公開。第一弾の野菜編では、寒くなってきたときのアウトドアご飯にぴったりの野菜スープをご紹介します!

炭火アウトドアに用意しておきたい2種の神器

炭火で料理するのは、アウトドアの醍醐味。でも、せっかくの食材が生焼けだったり、パサパサだったりしたら気分は台無しです。そんな危機を回避すべく、dancyu11月号では渋谷「Chompoo」の森枝幹シェフに炭火焼きのコツを教わりました。
ここでは、本誌で紹介したアウトドアレシピをさらに深掘り。野外の炭火で野菜や魚を調理するとき、以下のようなアイテムを用意しておくと万全です。

クロックヒン
何でもすりつぶすことのできるタイ料理用の石臼、クロックヒン。石臼がなければ、すり鉢でもいい。
ストウブ鍋
ストウブ鍋など、そのままオーブンに入れられる厚手の鋳鉄鍋。もちろんダッチオーブンなら言うことなし。保温庫、乾燥防止保管庫として使う。

こうしたアイテムが、炭火を使った野菜料理の完成度をさらに高めていきます。野菜はそのまま食べたり、汁物やソースのベースやアクセントにしたり、素材としての使い道も幅広い。火が熾き次第、調理用の二次素材にもなるのでいの一番に調理にかかりましょう。
「手羽中の焦がし野菜スープ」と「トマトのオニオンコンソメスープ」は、どちらも体を内側からじんわり温めてくれる優しいスープ。寒くなってきたこの時期に、ぜひつくってみてください!

“手羽中の焦がし野菜スープ”のつくり方

材料材料

手羽中8本
生姜1片(焦がした)
長ねぎ1本(焦がした)
青唐辛子1本
ライム1個
ナンプラー大さじ1(醤油でも可)
パクチー適宜
適宜
胡椒適宜

1手羽中を焼く

手羽中はごく軽く塩をして、樹脂加工シートの上で全面に焼き目がつくまで焼く。焦がした生姜は周囲の焦げをざっくりこそげ落とす。長ねぎは外側の焦げた1枚をむき、5cm幅に切る。青唐辛子はヘタを取る。

手羽中を焼く

2小鍋で煮る

小鍋に1の手羽中、生姜、長ねぎ、青唐辛子と水500mlを入れて中火にかける。

小鍋で煮る

3味を調える

沸騰したら弱火に落として15分ほど煮て最後にライムを絞る。塩・胡椒で味を調え、好みでパクチーを散らす。

味を調える
完成
手羽中の出汁と焦がした香味野菜の香ばしい香りに、タイ風の旨くて酸っぱくて少し辛い味わいが癒やしとなる。

“トマトのオニオンコンソメスープ”のつくり方

材料材料

コンソメ1個
玉ねぎ2個(焦がした)
トマト1個(焦がした)
ショートパスタ約20g
パルメザンチーズ適量
適量

1ショートパスタと玉ねぎを煮る

玉ねぎ、トマトは焦がした皮をむく。小鍋にコンソメと水500ml、玉ねぎとショートパスタを加えて中火にかける。

ショートパスタと玉ねぎを煮る

2トマトを加えて、味を調える

ショートパスタが煮えたらトマトを入れて、塩で味を調える。全体にパルメザンチーズをかける。

トマトを加えて、味を調える
トマトを加えて、味を調える
焦がしたことで玉ねぎとトマトの旨味が凝縮される。チーズのコクも相まって、いずれの要素も引けを取らないがっぷり四つの味。
dancyu2022年11月号
dancyu2022年11月号
特集:おいしいアウトドア
A4変型判(152頁)
2022年10月6日発売/900円(税込)

文:松浦達也 撮影:小林キユウ

松浦 達也

松浦 達也 (ライター/編集者)

東京都武蔵野市生まれ。家庭の食卓から外食の厨房、生産の現場まで「食」のまわりのあらゆる場所を徘徊する。食べる、つくるに加えて徹底的に調べるのが得意技。著書に『大人の肉ドリル』『新しい卵ドリル』(共にマガジンハウス)ほか、共著に『東京最高のレストラン』(ぴあ)なども。主な興味、関心の先は「大衆食文化」「調理の仕組みと科学」など。そのほか、最近では「生産者と消費者の分断」「高齢者の食事情」などにも関心を向ける。日本BBQ協会公認BBQ上級インストラクター。