一カ月パスタ生活こぼれレシピ
海鮮食材を贅沢に使った"たっぷり魚介のリングイネ"

海鮮食材を贅沢に使った"たっぷり魚介のリングイネ"

貝類、イカ、そしてウニ……と魚介類を惜しみなく使ったパスタです。休日をちょっと贅沢にする一皿としてお試しあれ!dancyu2021年4月号で掲載した、ハヤシコウさんの「一カ月パスタ生活」。日記に登場したけれど、誌面に載せきれなかったレシピをご紹介。さて、どれからつくろう?

“たっぷり魚介のリングイネ”のつくり方

天気の良い週末にテラスで食べたい、魚介たっぷりのパスタ。貝類を2種と、ウニも入れてとびきり贅沢に!ウニなどクセのある魚介類には、乳脂肪が好相性。生クリームを加えることで生臭みをマスキングし、ワインと相性がよくなります。ただ、生クリーム感が強いと、それぞれの食材の味がボヤけてしまうので、少なめで。生クリームが無ければ、バターの量を10g増しに。

材料材料 (4人分)

リングイネ400g
ウニ50g
アサリ300g(砂抜きする)
冷凍ムール貝80g(自然解凍しておく)
イカ60g(輪切り)
トマト中4個(湯むきしてくし型切り)
A
・ パッサータ120ml(トマトピュレ)
・ バター20g(食塩不使用)
・ 生クリーム大さじ1
にんにく1片(芯を取って潰す)
赤唐辛子1本(粗く刻む)
オリーブオイル小さじ2
6g
イタリアンパセリ適量(細かく刻む)

1パスタをゆでる

鍋に水2Lに対して塩6gを入れて沸かし、パスタをゆで始める。

2アサリを加熱する

フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、20秒間おいて弱火にかける(にんにくと唐辛子は脂溶性なので、加熱前のオイルに浸すこと)。香りがたったらアサリを加えて蓋をする。開いたアサリから順に取り出し、殻を外す(飾り用に、数個は殻付きのまま取っておく)。

3ソースをつくる

A、パスタのゆで汁少々を加えて温め、さらにムール貝、トマトを入れ、ふつふつと煮立つ火加減で5分ほど加熱する。

4パスタとイカを加える

パスタのゆで上がり1分前になったら、鍋にイカを入れて一緒にゆでる。ゆで上がったらフライパンに加え、パスタのゆで汁でソースの濃度を調整しながら2分程煮込む。

5仕上げる

火を止め、ウニを加えて余熱で火を通しながら軽く混ぜる。皿に盛りつけ、飾り用のアサリ、パセリをあしらって完成。

完成

つくった人

ハヤシコウ デザイナー

人呼んで〝日本人初のイタリア人〞2019年には好きが昂じて、東京・成城学園前にオステリア「クインディチ」を開店。米よりもパスタを愛し、この食生活を続けること、早20年。一日2パスタの日も珍しくない。

文・写真:ハヤシコウ

dancyu2021年4月号
dancyu2021年4月号「シンプルパスタ」
A4変型判(156頁)
2021年3月05日発売/ 900円(税込)
この雑誌を購入する