一カ月パスタ生活こぼれレシピ
絶妙な塩味がたまらない"カラスミの黄金パスタ"のつくり方

絶妙な塩味がたまらない"カラスミの黄金パスタ"のつくり方

カラスミの塩味と旨味を存分に生かしたちょっと高級感あるパスタです。dancyu2021年4月号で掲載した、ハヤシコウさんの「一カ月パスタ生活」。日記に登場したけれど、誌面に載せきれなかったレシピをご紹介。さて、どれからつくろう?

“カラスミの黄金パスタ”のつくり方

カラスミなど、魚卵製品を食べる時にワインとの相性が気になる。そのままだと生臭く感じてしまうので、バターや生クリームといった乳製品と合わせるのがおすすめ。乳脂肪が魚卵の匂いを抑えてくれるので、食材の味わい、ワインの香りが楽しめます。

材料材料 (2人分)

スパゲッティーニ 150g
カラスミ10g(すりおろす)
セロリ1/4本(茎はみじん切り、葉は粗く刻む)
パン粉6g(細かいもの)
バター10g(食塩不使用)
オリーブオイル小さじ2

1パスタをゆでる

鍋に水2Lに対して塩6gを入れて沸かし、パスタをゆで始める。

2ソースをつくる

フライパンにオリーブオイルをひいて弱火にかけ、セロリの茎とパン粉を軽く炒める。セロリの茎が透明になってきたら、パスタのゆで汁100mlを加えて、もったりとしたソース状にする。

3パスタにソースをからめる

ゆで上がったパスタを入れ、カラスミとセロリの葉、それぞれ半量を加えて混ぜる。この時、水気が足りないようなら、パスタのゆで汁を加えて調整する。皿に盛り、残りのカラスミとセロリの葉を散らして完成。

完成

つくった人

ハヤシコウ デザイナー

人呼んで〝日本人初のイタリア人〞2019年には好きが昂じて、東京・成城学園前にオステリア「クインディチ」を開店。米よりもパスタを愛し、この食生活を続けること、早20年。一日2パスタの日も珍しくない。

文・写真:ハヤシコウ

dancyu2021年4月号
dancyu2021年4月号「シンプルパスタ」
A4変型判(156頁)
2021年3月05日発売/ 900円(税込)
この雑誌を購入する