一カ月パスタ生活こぼれレシピ
ケイパーの爽やかな香りと酸味が魅力の"プッタネスカ"

ケイパーの爽やかな香りと酸味が魅力の"プッタネスカ"

いつものトマトパスタも、ケイパーとアンチョビの風味が合わさるとグッと深みのある、本格的な味わいになります。dancyu2021年4月号で掲載した、ハヤシコウさんの「一カ月パスタ生活」。日記に登場したけれど、誌面に載せきれなかったレシピをご紹介。さて、どれからつくろう?

“プッタネスカ”のつくり方

フレッシュな香りや酸味のトマトソースは、もちろん美味しい。そこにアンチョビ、ケイパーやオリーブの加えると、軽やかさは無いけれど深みの増した、また別の美味しさに。アンチョビやオリーブはつぶすと味が出て、ソースと馴染みます。

材料材料 (2人分)

スパゲッティ180g
A
・ パッサータ180ml(トマトピュレ)
・ 黒オリーブ10個(軽くつぶす)
・ アンチョビ1枚(軽くたたく)
・ 酢漬けケイパー15粒
・ パン粉5g(細かいもの)
にんにく1片(芯を取って潰す)
赤唐辛子1本(粗く刻む)
オリーブオイル大さじ1
6g
イタリアンパセリ適量(細かく刻む)

1パスタをゆでる

鍋に水2Lに対して塩6gを入れて沸かし、パスタをゆで始める。

2ソースをつくる

フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、20秒間おいて弱火にかける(にんにくと唐辛子は脂溶性なので、加熱前のオイルに浸すこと)。香りがたってきたらAを加えて、中火で温める。

3パスタをからめる

ゆで上がったパスタをフライパンに入れ、ゆで汁で濃度を調整する。皿に盛り、パセリを散らして完成。

完成

つくった人

ハヤシコウ デザイナー

人呼んで〝日本人初のイタリア人〞2019年には好きが昂じて、東京・成城学園前にオステリア「クインディチ」を開店。米よりもパスタを愛し、この食生活を続けること、早20年。一日2パスタの日も珍しくない。

文・写真:ハヤシコウ

dancyu2021年4月号
dancyu2021年4月号「シンプルパスタ」
A4変型判(156頁)
2021年3月05日発売/ 900円(税込)
この雑誌を購入する