今日、なにつくる?
ココナッツ香る"砕きポテトのサブジ"|スパイスポテトつまみ③

ココナッツ香る"砕きポテトのサブジ"|スパイスポテトつまみ③

サブジとは、野菜を炒め煮や蒸し煮にするインド料理。カレーリーフとココナッツが香る、爽快でエキゾチックなつまみに仕上げました。ほっこりしたじゃがいもは、どんなスパイスも受け入れる懐の深いヤツ。スパイス料理に長けた香取薫さんに、身近なスパイスでつくるポテトおつまみを教わった。香り豊かな絶品つまみの数々に、舌も心も酔いしれる!

“砕きポテトのサブジ”のつくり方

じゃがいもを砕くヒマラヤの調理法を用い、ココナッツを使って南インドの味に仕上げた一品。じゃがいもは砕くことで味がよくしみ、豊かな食感に。ココナッツの甘味、マスタードシードの香ばしさ、青唐辛子の辛味がからみ合う複雑な味わいだ。カレーリーフの香りが一段と風味を上げる。

材料材料 (2人分)

じゃがいも300g
ココナッツオイル大さじ1
マスタードシード小さじ1/2
カレーリーフ約20枚
サラダ油大さじ1
小さじ2/3
A
・ ココナッツファイン2/3カップ(粗挽きのココナッツ)
・ ココナッツミルク1/2カップ
・ 青唐辛子1本(小口切り)
・ 玉ねぎ1/4個分(ざく切り)

1カレーリーフの下準備

フライパンにサラダ油を強火で熱し、カレーリーフをさっと炒め、油をきる。

カレーリーフの下準備
カレーリーフは油で熱することで香りが引き立つ。

2じゃがいもの下ごしらえ

じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切る。2枚重ねにしたポリ袋に半量のじゃがいもを入れてめん棒で一口大になるまでたたき、汁もとっておく。残りも同様にする。

じゃがいもの下ごしらえ
砕いた後のかけらや汁も使うことでとろみがつく。

3スパイスとじゃがいもに火を入れる

フライパンにココナッツオイルを中火で熱し、マスタードシードをまず数粒入れ、弾けてきたら残りを加える。弾けるのが収まってきたら2をかけらや汁ごと入れる。

4水を入れる

塩を加えて1分ほど炒めたら、水をひたひたに注ぐ。沸いたら蓋をして、弱火でやわらかく、水分がなくなるまで煮る。

5和えるココナッツペーストをつくる

フードプロセッサーかミキサーでAを攪拌してペースト状にする。

6和えて盛りつける

4に5を加え混ぜ、温まったら完成。器に盛り、1をトッピングする。

完成

教える人

香取 薫 インド・スパイス料理研究家

香取 薫 インド・スパイス料理研究家

長年インドへ通い、現地の主婦たちから家庭料理を習得。日本人の味覚に合わせたスパイス使いが得意で、料理教室では数多のカレー好きに本場の技を伝授する。『薫るスパイスレシピ』(山と渓谷社)など著書多数。

文:安井洋子 写真:竹之内祐幸

※この記事は使える dancyu「じゃがいも」に掲載したものです。

技あり!dancyu「チーズ」
使える!dancyu じゃがいも
A4変型判(108頁)
2020年11月16日発売/880円(税込)
この雑誌を購入する
安井 洋子

安井 洋子

九十九里生まれ。東京に住んでみたけれど、海が恋しくなって葉山に移住。雑誌やウェブに食まわりの記事を執筆する。息抜きは、ナチュラルワイン好きの聖地・鎌倉でのひとり飲み。