スパイスポテトつまみ
かつお節の旨味が効いた"ガーリックポテトスリランカ風"

かつお節の旨味が効いた"ガーリックポテトスリランカ風"

かつお節とシナモンの旨味と香りがじゃがいもによく合います。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも最適です。ほっこりしたじゃがいもは、どんなスパイスも受け入れる懐の深いヤツ。スパイス料理に長けた香取薫さんに、身近なスパイスでつくるポテトおつまみを教わった。香り豊かな絶品つまみの数々に、舌も心も酔いしれる!

“ガーリックポテトスリランカ風”のつくり方

現地のアラバドゥマ(じゃがいものスパイス炒め)という炒め物をアレンジ。スリランカでもよく使うかつお節とパリパリと手で砕けるセイロンシナモンをベースにした滋味深いおいしさだ。ターメリックはじゃがいもに混ぜて少量の水で蒸すことで特有の苦みが抜け、食欲をそそる色に仕上がる。

材料材料 (2人分)

じゃがいも300g
玉ねぎ1/4個
にんにく1/2片
ココナッツオイル大さじ2
マスタードシード小さじ1/2
A
・ ターメリック小さじ1/3
・ 塩小さじ2/3
B
・ かつお節大4枚(厚削り)
・ セイロンスティックシナモン1cm(スリランカ産の上品な香りのシナモン)
・ レッドペッパー小さじ1/4
・ パプリカパウダー小さじ1/4

1下ごしらえ

じゃがいもは皮をむいて1.5cm角に切る。玉ねぎは薄切りにしてから長さを半分に切る。にんにくはみじん切りにする。

2スパイスの下準備

Bのかつお節とセイロンシナモンは手で細かく砕き、ほかのBと合わせておく。

スパイスの下準備
砕くことで香りがぐっと引き立ちおいしさアップ。

3蒸し煮にする

鍋にじゃがいも、Aを入れてまんべんなく混ぜる。水大さじ2を加え、蓋をして弱火で蒸し煮にする。

4スパイスを加える

じゃがいもがやわらかくなったら火を止めて、2を加え混ぜ、蓋をしておく。

5マスタードシードを炒める

フライパンにココナッツオイルを中火で熱し、マスタードシードをまず数粒入れ、弾けてきたら残りを加える。弾けるのが収まってきたら、玉ねぎ、にんにくを加えて3分ほど炒める。

マスタードシードを炒める

6仕上げる

4を加え、さっと炒めて完成。

完成

教える人

香取 薫

香取 薫(かとり・かおる) インド・スパイス料理研究家

長年インドへ通い、現地の主婦たちから家庭料理を習得。日本人の味覚に合わせたスパイス使いが得意で、料理教室では数多のカレー好きに本場の技を伝授する。『薫るスパイスレシピ』( 山と渓谷社)など著書多数。

文:安井洋子 写真:竹之内祐幸

※この記事は「使えるdancyu じゃがいも」に掲載したものです。

使える!dancyu じゃがいも
使える!dancyu じゃがいも
A4変型判(108頁)
2020年11月16日発売/880円(税込)
この本を購入する
安井 洋子

安井 洋子

九十九里生まれ。東京に住んでみたけれど、海が恋しくなって葉山に移住。雑誌やウェブに食まわりの記事を執筆する。息抜きは、ナチュラルワイン好きの聖地・鎌倉でのひとり飲み。