松尾貴史のカレードスコープ
つくばでみつけた、刺激的な辛さが魅力の「スリランカカレー」|松尾貴史のカレードスコープ㉝

つくばでみつけた、刺激的な辛さが魅力の「スリランカカレー」|松尾貴史のカレードスコープ㉝

撮影のため茨城県つくば市を訪れた松尾貴史さん。せっかく来たからには地元で評判のカレーをと、とあるスリランカカレー店に入ってみることに――。

爽快な気分になる「食べるサウナ」

ドラマの撮影でつくば市を訪れた。世田谷から車で1時間45分、せっかくの遠路なので、「これは地元で評判のカレーを探そう」と思えばあるものだ。地元で人気のスリランカ料理店へ。

スリランカカレーではほとんどハズレに出会ったことはないけれど、ここのカレーはまた驚くほど美味い!豚肉の旨味が強く、味付けもしっかりしてあって押し寄せてくる感じだ。付け合わされているココナッツサンバルもいい香りでアクセントになっている。

スリランカらしいローストしたスパイスの香りと、旨味の後に追いかけてくる刺激的な辛さ。しかし、辛すぎないのに香辛料の効果なのか、発汗作用が強い。水も三杯飲んで、たくさん汗をかいて新陳代謝が促された気分。これぞ食べるサウナ。

ビリヤニも味を見たいと思い、同行したマネージャーにはチキンビリヤニを注文してもらった。味見をしたらこれまたなかなかに大人なスパイシーさで、体が浄化されるような「爽や辛さ」だ。どんどん食べられる、これはすばらしい。

ビリヤニ

営業しているかどうかの確認電話を入れた時から、入店して食事が終わるまで、お店の方の丁寧な応対にも感心しきりだった。7年前に開店して、繁盛しているのだろう、今は北条地区というところに2号店もあるそうだ。

店内の一角では、スリランカなどの食材やスパイスが販売されていた。エスニック食材の店でタマリンドのペーストが売られているのを見たことがあるが、ホール(タイ製)は珍しいのではないか。スリランカのモルディブフィッシュ(鰹節のようなもの)のふりかけもなかなか手に入らない。「カッタサンボル」と呼ばれる、モルディブフィッシュとチリ、玉ねぎなどを混ぜたもので、白ごはんにかけるだけでも美味しいスパイシーな便利食材だ。そして、スリランカ独自の配合によるローストしたブレンド香辛料、「ローステッドカリーパウダー」の3点を購入して上機嫌に。

外観

ホットチャイを楽しんだ後、撮影現場に入るまでの時間を使って、元郵便局をリノベーションした喫茶店「ポステン」に移動して深煎りのコーヒーを一服二服、体に充満するスパイスの余韻を楽しませてもらった。

エスニック食材

店舗情報店舗情報

ヘラディワ
  • 【住所】茨城県つくば市天久保1‐8‐6 グリーン天久保 2F
  • 【電話番号】029‐893‐4442
  • 【営業時間】11:30~15:00 17:30~21:30
  • 【定休日】月曜
  • 【アクセス】つくばエクスプレス「つくば駅」より14分

文・撮影:松尾貴史

松尾 貴史

松尾 貴史 (俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト)

1960年5月11日生まれ。神戸市出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。 俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト、“折り顔”作家など幅広い分野で活躍。著書に『違和感ワンダーランド』(毎日新聞出版社)『ニッポンの違和感』(毎日新聞出版社)等がある。YouTubeチャンネル「松尾のデペイズマンショウ」も随時更新中。