京都で飲みたい
もしかしたら「肉という食材の見方」が変わるかもしれない。

もしかしたら「肉という食材の見方」が変わるかもしれない。

京都人は牛肉好きだといわれる。肉じゃがもカレーも野菜炒めも、豚肉ではなく牛肉を使う。鮮魚自慢の割烹に行っても近江牛の炙りがメニューにあったりする。「京都の人は本当に牛肉好きなのね~」と思わされるのだ。そんな京都で最近メキメキと店数を増やしているのが、肉割烹だ。生も焼きも煮込みも揃った最新にして熟達の肉料理店を紹介しよう!

その店との出合いは突然だった。

いつもの食いしん坊メンバーで紹介制の鮨店に行こうと集まったところ、予約していたはずの席が手違いで取れていなかった。「じゃあ、どこに行こう」と悩む。並ぶのも待つのもイヤで、基本、居酒屋でも予約する京都人の集まりだから、席の確保もしないで店を訪ねるなんてことはしたくない。
そんなとき、メンバーのひとりが「そう言えば、最近オープンした肉料理の店がある」と言って案内してくれた。鮨から肉へ180度(?)の方向転換ではあったが、誰もが肉好きだから文句はない。
そのとき、訪ねたのが「肉料理 澁谷」だ。突然の出逢いだったにもかかわらず、何を食べても心が弾んだ。連れてきてくれた友人に、思わず「鮨よりもよかったかも~。ありがとう」と感謝したものだ。

渋谷さん父娘
見るからに仲良しの渋谷俊一さん、周子(ちかこ)さん父娘。店ではふたりの掛け合いが楽しい。

河原町通りから一本西側のひっそりとした通りにある築80年の町家。鄙びた雰囲気が漂う。
2019年6月に開業した「肉料理 澁谷」は、澁谷さん父娘が営む肉料理の専門店だ。渋谷さんは、祇園の名店「安参」に学生時代からアルバイトとして働き始めた。当時は料理人になろうとは思ってもみなかったそうだ。
「相性がよかったのか、仕事自体も楽しくて、気づいたら47年も同じ店で働いていたんですね」
数年前に店主が亡くなってからは、料理のすべてを任せられていたというが、2019年に思い切って、娘とふたりで独立を果たした。

白菜の漬物
突き出しの「白菜の漬物」300円。ついつい箸が伸びるひと品。

メニューは「タン刺し」や「ユッケ」といった生肉に、「テール煮込み」などの煮込み料理、ミノやタン、ロースなどの焼きものと、店名の通り肉料理が中心。というか、肉以外はサラダと突き出しの「白菜の漬物」くらいなのだが、これがまた気の利いていて旨いのだ。白菜自体はサラリとしているのに、昆布のねっとりとした旨味が光る。私は、許される限り、この白菜をおかわりする。

お造り
お造りは、タン、心臓、ユッケがある。いずれも1人前1,000円とお値打ち感がある。

たっぷりと食べたいなら、おまかせで生から順に食べてもいいし、空腹具合に合わせて、食べたいものだけを注文してもいい。ふたりで一人前ずつ注文すれば、あれこれいろんな料理を味わえるというもの。とはいえ、タンもハツもユッケも食べたくなって、結局、生を全種類注文してしまうけれど。甘く、ほどよい脂感のあるユッケには、卵黄と醤油ベースのタレが少し。その塩梅がまた抜群で、肉の味をひきたてる。
渋谷さんに「このタレは何が入ってるんですか?」とお聞きしたら、「内緒です」と種明かしはしてもらえなかった(笑)。きっと、このタレにも、47年間の秘訣が詰まっているのだろう。

ロース
2kgのロースの塊。この日の肉は長野県産だという。

いい具合にサシの入ったロースがメインになるが、タンやハツなど内肉メニューも多い。肉の仕入れはどうしているのかと気になった。
が、実際には「前の店からお付き合いのある、信頼のおける肉屋さんに一任している」そうだ。長年、肉を見て触ってきた渋谷さんだから、届いた肉を見れば状態はわかる。「良い肉しか使わない」と断言する。決して妥協などあろうはずがない!

店内
4人以上ならテーブルを囲んでワイワイやるのもいい。

かつては民家だった町家を改装した店内。「澁谷」の前も飲食店だったという。
玄関から入ってすぐの座敷には、4人用のテーブルがふたつ、中ほどに5席のカウンターがあって、上の写真は奥のお座敷。私は、澁谷さん父娘との会話を愉しめるカウンター席が好みだが、庭の見える座敷も京都風情を楽しめる。町家で肉、なんとも魅力的なフレーズなのだ。

ミノの湯引き
美しい=美味しいを体現する「ミノの湯引き」1,000円。

酒の肴には「ミノの湯引き」がいい。ふんわりとして見えるが、口に入れるとほどよい噛み応え。かといって噛み切れないようなミノではない。たっぷりのあさつきと紅葉おろしを混ぜていただく。淡泊ではあるが、肉の旨味をしっかりもったミノは、まさに噛むほどに美味しい一品。生と焼きの間に挟みたい。これだけで、ビールも日本酒も進むのだ。

外観
民家が並ぶ通りに行燈の灯りがともる。目立たず静かにという鄙びた風情に、却って凄みを感じる。

店舗情報店舗情報

肉料理 澁谷
  • 【住所】京都府京都市中京区西革堂193-1
  • 【電話番号】075-221-8588
  • 【営業時間】17:00~22:00
  • 【定休日】不定休
  • 【アクセス】京都市営地下鉄「京都市役所駅前」より5分

文:中井シノブ 写真:ハリー中西

もしかしたら「肉という食材の見方」が変わるかもしれない。

中井 シノブ(編集者・ライター)

京都在住。情報雑誌の編集長を経てフリーの編集、ライターとして活動する。京都の飲食店取材は1万軒以上。趣味は外酒、外飯。著書に『京の一生もん』(紫紅社)、『京都女子酒場』(青幻社)、『奇跡のレシピ』(KADOKAWA)共著などがある。