「EST!」のカクテルブック
オリジナルブレンドコーヒーの"アイリッシュコーヒー"|「EST!」のカクテルブック2杯目

オリジナルブレンドコーヒーの"アイリッシュコーヒー"|「EST!」のカクテルブック2杯目

「EST!」のカクテルには、季節がある。限られた時季にしか飲めないカクテルが存在する。去りゆく冬を惜しむように、思い返すように、ホットカクテルを振り返る。解禁の日も、終焉の日も決まっている。その年最後の酉の市が終わった翌日が“アイリッシュコーヒー”の季節の始まりだ。

タペストリーが季節到来の合図。

常連客の多い「EST!」では、季節のカクテルは圧倒的な人気を誇る。「ああ、この果物の季節がきたね」とか、「今年のミントも元気がいいね」とか。
ビルの谷間を木枯らしが吹き抜ける頃、その寒さがむしろ嬉しくなるカクテルが登場する。ホットカクテルの“アイリッシュコーヒー”である。

飲める期間は、バーテンダーに訊ねずとも店内を見回せばわかる。テーブル席の壁に掛けられるタペストリー。白髭の男性がアイリッシュコーヒーを愉しんでいる絵柄だったら、今がその時。時季が終わると、このタペストリーは仕舞われ、ウイスキーの生産地を記したマップが飾られる。

タペストリー
このタペストリーを目にすると、条件反射的にアイリッシュコーヒーを飲まずにいられなくなる常連客は少なくない。

毎年、解禁日は決まっている。その年の最後となる酉の市が終わった翌日で、熟知している客は初物を崇めるようにこのカクテルを目指してやってくる。年によっては三の酉まであるが、日にちで決められているわけではないのが、いい。「だいたい寒くなる頃」が目安なのだ。

コーヒーはマスターによるオリジナルブレンド。ウイスキーは、このカクテルが生まれた地、アイルランドにならいアイリッシュウイスキーを。だが、こんな提案もある。「スコッチウイスキーをベースにすればゲーリックコーヒーに、カルヴァドスならノルマンディコーヒーに、コニャックならロワイヤルコーヒーになりますよ」。

嬉しいのは、甘さを自分で決められること。1個=1gの小さな角砂糖が用意されており、好みの個数を入れてもらえるのだ。
アイリッシュコーヒーが飲めるのは、実は2月いっぱいまで。冷えた身体にしみわたっていく駆けつけの一杯も、家路に就くべく扉をあける勇気をくれるあの一杯も、水ぬるむ頃となったいまは、もう遠くなりにけり。早くも11月下旬の再会が待ちどおしい。

バックバー
「EST!」のバックバーはドイツの農村の農具入れを参考に、マスターの渡辺昭男さんが設計した。黒味がかった柱は、年季の入った風合いを出すべく自らバーナーで焦がしたものだ。

冬よ、去らないでと願う。寒さがむしろ嬉しい“アイリッシュコーヒー”。

「まずお客様に、どんな甘さの具合がお好みかをお聞きします。甘いのか、ビターか、その中間くらいか。通常は角砂糖2個。お客様によってお好みはいろいろですから、細かい調節ができるように店では1個1gの小さな砂糖を使っています。コーヒーは馴染みにしている2軒のコーヒー屋に、オリジナルブレンドをお願いして、特別に細かく挽いてもらっています。生クリームはコクのあるものを使います。ご注文をいただいてからホイップして直前にのせ、差し出すときは紙ナプキンをそっと添えてね。泡立てたばかりの生クリームですから、グラスを口から離した際、周りに白い髭がついてしまいますからね」

アイリッシュコーヒー
生クリームを泡立て、コーヒーを淹れたら、耐熱グラスにアイリッシュウイスキーの“ブッシュミルズ”40ml、コーヒー、生クリーム20mlを注いだら完成。“アイリッシュコーヒー”はバックヤードで仕上げて供されるため、つくり方の写真はありません。実際に召し上がって、その感動を味わってください。
EST!扉
初めて「EST!」を訪れるときは、この扉を開けることをためらうかもしれないが、一歩を踏み出せば、新しいバー体験が待っている。

――つづく。

店舗情報店舗情報

EST!
  • 【住所】東京都文京区湯島345-3 小林ビル1階
  • 【電話番号】03-3831-0403
  • 【営業時間】18:00~24:00
  • 【定休日】日曜
  • 【アクセス】東京メトロ「湯島駅」より1分

文:沼由美子 写真:渡部健五

yumiko_numa.jpg

沼 由美子(ライター・編集者)

横浜生まれ。バー巡りがライフワーク。とくに日本のバー文化の黎明期を支えてきた“おじいさんバーテンダー”にシビれる。醸造酒、蒸留酒も共に愛しており、フルーツブランデーに関しては東欧、フランス・アルザスの蒸留所を訪ねるほど惹かれている。最近は、まわれどまわれどその魅力が尽きることのない懐深き街、浅草を探訪する日々。