大原千鶴さんのすりながしのいろは
酒のお供に最適な"オイルサーディンのすりながし"

酒のお供に最適な"オイルサーディンのすりながし"

深い滋味はオイルサーディンの為せる業。お酒のアテにも飲んだ後にもぴったり!唐辛子効果で体も温まります。すりながしとは、野菜などをすりおろしてだしと合わせた、しみじみとおいしい汁もの。ことこと煮込むことをしない、素材を生かすシンプルな和の伝統的なスープです。だしや素材を工夫する楽しさと、洋風など無限に広がるおいしさの一端を、京都在住の大原千鶴さんに教わりました。

“オイルサーディンのすりながし”のつくり方

見た目はいまひとつですが(笑)、冷や汁のような、韓国のどじょう汁のような滋養たっぷりのすりながしです。
大根は鬼おろしで粗めにおろすと食感が感じられます。味噌は米麹味噌がおすすめです。

材料材料 (2人分)

オイルサーディン 1缶(正味70g)
1カップ
味噌大さじ1(20g)
大根適量(すりおろし(*))
青ねぎ適量
粉唐辛子適宜

*あれば鬼おろしですりおろし、なければ普通のおろし器でも使用可。

1味噌と混ぜる

油をきったオイルサーディンと味噌を鍋に入れ、手でよくもむ。オイルサーディンの形がなくなり、味噌とよくなじんだら水を注ぎ入れ、よく混ぜてから中火にかける。

味噌と混ぜる

2煮る

沸いたら火を弱め、1分ほど煮る。

3器に盛る

器に盛り、大根おろしと小口切りにしたねぎをのせ、粉唐辛子をふる。

教える人

大原千鶴 料理研究家

大原千鶴 料理研究家

おおはら・ちづる 京都・花背の料理旅館「美山荘」が生家。NHK「きょうの料理」、NHK BS4K「あてなよる」にレギュラー出演。京都の暮らしで培ったしなやかな感性でつくる家庭料理と酒肴に定評がある。これまで30冊以上の料理本、エッセイを上梓している。

この記事は技ありdancyu!「スープ」に掲載したものです。

技あり!dancyuスープ
技あり!dancyuスープ
A4変型判(112頁)
2020年12月18日発売 / 880円(税込)

文:西村晶子 写真:福森クニヒロ

西村 晶子

西村 晶子 (ライター・編集者)

関西在住のライター、時々編集者。京都の和食を中心に、老舗から新店までを分け隔てなく幅広く取材。2006年8月号「明石の老舗に、至福の柔らか煮、タコ飯を習う」で初執筆。2018年5月号より「京都『食堂おがわ』の季節ごはん」の連載を担当。