日本一ふつうで美味しい植野食堂
王道の「オムライス」のつくり方

王道の「オムライス」のつくり方

東京・浅草にある洋食店「グリルグランド」のオムライスは、チキンライスを薄焼き卵で包む昔ながらのもので、どこかほっとする美味しさです。『日本一ふつうで美味しい植野食堂by dancyu 公式レシピブック』から、お薦めレシピを大公開!

軽やかな相性。でも上手に包むのは難しい……

浅草の洋食店「グリルグランド」では、ほぼすべてのメニューを食べています。どれも美味しくて迷いますが、ご飯ものならやっぱりオムライス。オーソドックスなスタイルですが、ものすごく手早く炒めるチキンライスと薄焼き卵との軽やかでまろやかな相性が抜群です。
しかし、フライパンを動かして卵できれいに包むのは至難の業。三代目シェフの坂本良太郎さんはひょいっと簡単そうにやるのですが、難しい。何度かやらせてもらい、たまたま一回だけうまく包むことができたのですが、まだまだ修業が必要です……。

“オムライス”のつくり方

材料材料 (1人分)

3個(Mサイズ)
バターライス155g(ご飯150g、バター5g)
鶏もも肉40g
玉ねぎ20g
マッシュルーム1個
バター15g
少々
胡椒少々
ケチャップ50g
白ワイン少々
オリーブオイル小さじ1

1バターライスをつくる

溶かしたバターでご飯を炒め、バターライスをつくる。冷蔵庫で一晩ねかせるとよい。

2鶏肉を炒める

フライパンを強火に熱し、オリーブオイルとバター5g、1cm角に切った鶏肉を入れて炒める。

3マッシュルームと玉ねぎを炒める

スライスしたマッシュルームと、粗くみじん切りにした玉ねぎを加え、あおりながら素早く炒める。

4フランベする

白ワインでフランベし、香りづけをする。

5バターライスを炒める

バターライスを加え、塩胡椒で味つけし、全体に火が通るようによくあおる。

6チキンライスをつくる

ケチャップを加えたら、素早く混ぜる。チキンライスが完成。

7卵を焼く

フライパンを強火に熱し、バター10gを入れる。溶けたら、溶き卵を加え、菜箸で素早く混ぜる。

8卵にチキンライスをのせる

卵が半熟になったら、⑥を均等にのせる。

9包む

フライパンを傾けながら卵でチキンライスを包む。

完成
日本一ふつうで美味しい植野食堂 by dancyu 公式レシピブック
日本一ふつうで美味しい植野食堂 by dancyu 公式レシピブック
この本はBSフジ「日本一ふつうで美味しい植野食堂」の第1回目から100回目までの放送で紹介した店の料理とレシピから抜粋した94品を紹介しています。店名の下の番号(#)は、放送の順番です。掲載したレシピは店のレシピではなく、家庭でもつくれるようにアレンジしたものです。それぞれに付いているQRコードからレシピ動画が見られます。

A4変型判(124頁)
2021年10月19日発売/1,200円(税込み)
この本を購入する

文:植野広生