中華鍋でつくるダイナミック料理
香ばしくはじける旨味がたまらない"スコッチエッグ"

香ばしくはじける旨味がたまらない"スコッチエッグ"

カリっと揚げた衣をかじるとジュワっとほとばしる挽き肉の肉汁、さらにその奥から現れる卵の旨味にテンションが上がること間違いなし!中華鍋は炒める、揚げるはお手のもの、加えて燻(いぶ)すもできる万能調理器具!そんな中華鍋だからつくれるダイナミックな料理を、料理研究家の大庭英子さんに習いました。

“スコッチエッグ”のつくり方

ゆで卵をたっぷりの挽き肉で包み込みました。子供も大人も大喜び。中華鍋でやさしく転がしながら香ばしく揚げてください。

材料材料 (4人分)

4個
小麦粉少々
★ 挽き肉だね
・ 合挽き肉400g
・ 玉ねぎ1/2個分(みじん切り)
・ バター大さじ1/2
・ 生パン粉2/3カップ
・ 牛乳大さじ4
・ 卵1個
・ 塩小さじ2/3
・ 胡椒少々
・ ナツメグ少々
★ 衣
・ 小麦粉適量
・ 溶き卵適量
・ 生パン粉適量
揚げ油適量
ベビーリーフ1袋

1ゆで卵をつくる

卵は卵黄が中心になるようにしてかたゆで卵をつくり、冷水にとって冷まし、殻をむいて水気を拭く。

2挽き肉だねをつくる

玉ねぎを耐熱の器に入れてバターをのせ、600Wの電子レンジで1分ほど加熱して混ぜ、粗熱を取る。大きなボウルにパン粉を入れて牛乳を加え、混ぜて湿らせる。残りの材料を加え、手で粘りが出るまでよく混ぜて4等分にする。

3成形する

挽き肉だねを手にとり、キャッチボールの要領で余分な空気を抜く。丸く平らにのばし、ゆで卵に小麦粉をまぶしながらのせて包み込む。残りも同様にする。

4衣をつける

小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

5揚げる

中華鍋に揚げ油を入れて中温(170℃)に熱し、④を入れ、弱めの中火で4~5分揚げ、裏に返して同様に揚げる。最後に高温にして取り出す。

揚げる
大きなスコッチエッグも2回に分けることなく揚げられるのは中華鍋だからこそ。転がすようにして返し、全体をカリッと揚げて。

6器に盛る

器にベビーリーフを敷き、スコッチエッグを盛る。

完成

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。