重信初江さんの定番おかず
酸味が爽やかな基本の和おかず"いわしの梅煮"

酸味が爽やかな基本の和おかず"いわしの梅煮"

いわしの脂と梅干しの酸味は相性抜群です。じゅわっとジューシーな旨味はご飯にもお酒にも合います。料理好きでも、毎日つくっていれば、レパートリーが尽きてしまうこともあります。特に味付けは同じようにならないようにしたいけど、あまり複雑なのは面倒……。そんなお悩みを料理研究家の重信初江先生が解決!シンプルかつおいしい定番おかずをご紹介します。

“いわしの梅煮”のつくり方

いわしもはさみでカットして、包丁まな板いらず。魚を手軽に食べたいときにぴったりの一品です。

材料材料 (2人分)

いわし4尾
梅干し2個
1カップ(200ml)
醤油大さじ1と1/2
みりん大さじ1と1/2

1いわしの下ごしらえ

いわしははさみで頭を落とし、そのままはさみで3等分にして、ワタを出す。軽く水洗いして水気を拭いておく。

2煮る

小さめのフライパンまたは鍋にAを煮立て、梅干しを入れる。1のいわしを並べ、中火で焦げないように注意しながら、落とし蓋をして7~8分ほど煮る。

完成

教える人

重信初江 料理研究家

調理師専門学校の助手、料理研究家のアシスタントを経て、独立。おなじみの家庭料理から、旅行先で覚えた海外の味まで手がける実力派で、再現性の高い確かなレシピが人気。雑誌、テレビ、イベントなどで幅広く活躍中。著者に『Tsukemono cook book 漬けものレシピ』『Sushi cook book すしレシピ 』(ともに朝日新聞出版)、『おうちで深夜食堂』(共著/小学館)など多数。

文:椙下晴子 写真:鈴木泰介

※この記事の内容はプレジデントムック四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型 判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売/1,100円(税込)
この本を購入する