今日、なにつくる?
キャベツのふわふわサラダ|春キャベツ美味クッキング①

キャベツのふわふわサラダ|春キャベツ美味クッキング①

サクッとやわらかな食感と、やさしい甘味をダイレクトに感じることのできるサラダは、春キャベツにピッタリのお料理です!春キャベツのやわらかい葉を料理に活かし、食卓でも春を存分に楽しみましょう!

キャベツのふわふわサラダのつくり方

春キャベツ

秋に種まきされて春先に収穫される春キャベツは、ちょっと小さめで丸いのが特徴です。水分が多くてやわらかく、ふんわりとしています。まずは生で味わってください。ソフトな食感とやさしい甘味を楽しんで。蒸し物や炒め物は短時間で、がポイント。風味がイキイキ、春をたっぷり食べられます。

材料材料 (4人分)

春キャベツ1/2個(約500g)
ラディッシュ2~3個
スナップえんどう8~10本
グリーンアスパラガス3~4本
少々
ツナ水煮缶80g(ファンシータイプ)
ゆで卵2~3個
オリーブオイル大さじ2~3
★ はちみつビネガー(混ぜ合わせる)
・ はちみつ小さじ2/3
・ 白ワインビネガー大さじ2
・ 塩小さじ1/3

1下ごしらえ

春キャベツは幅5㎜の太めのせん切りにし、ラディッシュはごく薄切りにして全部を合わせて冷水にさらし、シャキッとさせる。ツナは缶汁をかるく切り、ゆで卵は縦6等分に切る。

2スナップえんどうをゆでる

スナップえんどうは冷水にさらしてから筋を取り、塩を入れた熱湯でゆで、斜め2~3等分に切る。アスパラは根元を2~3㎝切り落とし、下の方の皮をむいて同様にゆでる。

スナップえんどうをゆでる
スナップえんどうは冷水に20分ほどさらしておくとシャキッとして、ゆでてもシャキシャキの食感が残ります。

3和える

大きめのボウルに水気をしっかりときった1と2を入れ、オリーブオイルで和えてから、はちみつビネガーを入れて和える。ゆで卵がくずれてなじむまでしっかりと混ぜ合わせる。

和える
キャベツは太めに切るとやわらかな歯ざわりを楽しめます。ゆで卵で春色をプラス。かくし味ははちみつのやさしい甘味です。

植松良枝 料理研究家

日々の食事やおもてなしの料理、今や離乳食にまで、季節を映し出す。旬の野菜や果物、魚介類を見事に使いこなしてつくる料理は、食べる人を幸せにしてくれる。庭のミモザが開花するころには、キッチンやリビングも春の室礼に。生活に季節を取り込むことこそが「日常」とか。

文:中村裕子 写真:野口健志

※この記事の内容はプレジデントムック四季dancyu「春の食卓。」に掲載したものです。

四季dancyu 春の食卓。
四季dancyu 春の食卓。
四季dancyu 春の食卓。

A4変型 判( 116 頁)
ISBN: 9784833477680
2019年03月05日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する