今日、なにつくる?
アジア風キャベツ焼きそば|春キャベツ美味クッキング④

アジア風キャベツ焼きそば|春キャベツ美味クッキング④

香港卵麺を使ってナムプラーで味つけ、香草をちらしレモンをふって食べれば、いつもとは一味違う焼きそばができます。春キャベツのやわらかい葉を料理に活かし、食卓でも春を存分に楽しみましょう!

キャベツ焼きそばのつくり方

材料材料 (2~3人分)

春キャベツ200g
長ねぎ10cm
香港卵麺3玉
生姜1片分(せん切り)
桜小海老1/4カップ
ナムプラー小さじ2
米油などくせのない油適量
香菜適量
粗挽き黒胡椒適量
レモンまたは酢適量

1下ごしらえ

春キャベツは幅5~7㎜の細切りにする。長ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。

2麺を茹でる

鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺を入れて30秒ほどそのまま放置し、麺がほぐれてきたらやさしくほぐしながら2分ほどゆでてザルにとり、水でさっと洗って水気をきる。

麺を茹でる
香港卵麺は、鍋で煮てつくるタイプのインスタント中華麺。麺はとても細いのに、コシがあって食感もいい。卵麺とはいっても、麺は白く、食感もなめらかな。1玉40gほどで、ぎっしり巻いてあるのが特徴。

3麺を焼く

熱したフライパンに油を大さじ1.5~2をひき、ゆでた麺の半量をフライパンいっぱいに広げて中火以下の火加減で香ばしい焼き色が全体にしっかりつくまで焼いたら裏返し、もう片面はさっと焼いて取り出す。残りの麺も同様に焼く。

4具材を炒める

3のフライパンに油大さじ1をひき、長ねぎと生姜を炒めて香りが立ってきたら桜小海老を炒め、続けて春キャベツを加えて半生程度に炒め、ナムプラーで調味する。

5盛り付ける

大きめの平皿に焼きそばを1枚のせ、その上に4の半量を広げ、さらに焼きそばをもう1枚重ね、その上に残りの4を盛って段々に重ねる。香菜を食べやすく切って散らし、粗挽き黒胡椒をふる。キッチンばさみで放射状に切り分け、レモン汁または酢をかけていただく。

盛り付ける
好みで白すり胡麻や刻んだピーナッツをトッピングしても。

植松良枝 料理研究家

日々の食事やおもてなしの料理、今や離乳食にまで、季節を映し出す。旬の野菜や果物、魚介類を見事に使いこなしてつくる料理は、食べる人を幸せにしてくれる。庭のミモザが開花するころには、キッチンやリビングも春の室礼に。生活に季節を取り込むことこそが「日常」とか。

文:中村裕子 写真:野口健志

※この記事の内容はプレジデントムック四季dancyu「春の食卓。」に掲載したものです。

四季dancyu 春の食卓。
四季dancyu 春の食卓。
四季dancyu 春の食卓。

A4変型 判( 116 頁)
ISBN: 9784833477680
2019年03月05日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する