dancyuのムック
贅沢なチキンライスはいかが?

贅沢なチキンライスはいかが?

チキンライスは、鶏のもも肉か、むね肉、どちらかを使うことがほとんど。でも今回は贅沢に、もも肉、むね肉、レバーの3種類を使います!ケチャップライスの酸味と甘みを包み込む三部位チキンの深い旨味。あぁ、もうたまりません。

鶏もも、むね、レバーを使った極上の味わい!

本格チキンライスをつくってみませんか。
鶏もも肉、むね肉に加え、レバーも使用して三者三様の持ち味を生かした、正真正銘の“チキン”ライス。
小さく切ったレバーのほろ苦さがトマトケチャップの甘味を引き締める大人味が魅力です。

本格チキンライスのつくり方

材料 材料 (2人分)

ごはん(温かいもの) 茶碗2杯分(320g)
鶏もも肉 60g
鶏むね肉 40g
鶏レバー 20~30g
玉ねぎ 1/4個
マッシュルーム 4個
ピーマン 1個
バター 大さじ2
トマトケチャップ 大さじ3~4
トマトペースト 小さじ1
白ワイン 小さじ2
適量
胡椒 少々

1 鶏肉を切る

鶏もも肉とむね肉は約2cm角に切る。レバーは約1cm角に切る。

鶏肉
もも、むね、レバーと持ち味が異なる3つの部位を使って、鶏肉を存分に楽しむ。

2 野菜を切る

玉ねぎはみじん切り、マッシュルームは薄切りにする。ピーマンは1.5cm四方に切る。

3 チキンライスのもとをつくる。

フライパンにバターを入れて中火で熱し、鶏もも肉とむね肉、レバーを入れて炒める。色が変わったら玉ねぎを加えて炒め、マッシュルームを加えて、塩少々をふって炒める。しんなりしたら、ピーマンを加える。ピーマンがツヤツヤしたら、塩小さじ1/2、胡椒、トマトケチャップ、トマトペーストを加えてよく炒める。

チキンライスのもとをつくる。
トマトケチャップなどを加えて炒め合わせればチキンライスのもとが完成!

4 仕上げる

水気がとんで香ばしい匂いがしてきたら、ごはんと白ワインを加える。ごはんほぐしながら均一になるまで炒め合わせる。

白ワインを加えるとごはんがほぐれやすい
白ワインを加えるとごはんがほぐれやすくなり、チキンライスのもとが均一に回る。
完成
ひと匙、ひと匙、口に運ぶのが楽しくなる、これぞ輝けるチキンライスです!

――明日はオムライスです!

教える人

坂田阿希子

坂田阿希子

フランス菓子店やフランス料理店で経験を重ね、独立。現在は料理教室「studio SPOON」を主宰する。フランス料理やエスニック料理 などジャンルを飛び越えて、おいしいものへの探究心が旺盛。プロの手法と自らの経験を生かした、生命感あふれる料理にファンが多い。『洋食教本』(東京書籍)、『坂田阿希子の肉料理』(文化出版局)など著書多数。

技あり!dancyuケチャップ
技あり!dancyuケチャップ
A4変型判(80頁)
ISBN:9784833477048

2018年05月28日発売 / 864円(税込)
この雑誌を購入する

文:遠藤綾子 撮影:原ヒデトシ