dancyuのムック
ポークソテーをオレンジ香るケチャップソースで!

ポークソテーをオレンジ香るケチャップソースで!

ドン!と厚切りの豚肉を、オレンジをきかせたケチャップのソースでいただきます。豚肉の旨味と脂、ケチャップの風味がお互いをググ~ンと高め合います。

ケチャップなしでは始まらない!

元気はじける輝く朱赤に、甘くて酸っぱくてちょっとキュンとくる味。
18世紀後半にアメリカで誕生したといわれるトマトケチャップには、やっぱり故郷にゆかりある料理がぴったりハマる。
パワフルな肉料理もトマトケチャップとタッグを組めば、トマトの酸味で肉や油の脂っこさが和らげられ、しつこさはどこへやら。
ポークソテーもトマトケチャップあってこそ。
今回、紹介するレシピはトマトケチャップとの相性をより高めるための“技あり”。単なる脇役調味料でも、盛り上げソースでもない、トマトケチャップの魅力を、ポークソテーで味わいましょう。

ポークソテーのつくり方

材料 材料 (2人分)

豚ロース肉(厚切り) 2枚(約300g)
薄力粉 適量
サラダ油 大さじ1と1/2
白ワイン 大さじ2
120ml
トマトケチャップ 大さじ3
醤油 小さじ2
オレンジの搾り汁 大さじ1
オレンジの外皮 1/2個分(国産/せん切り)
バター 15g弱
適量
胡椒 適量
レタス 適宜(せん切り)
パセリ 適宜
オレンジ 適宜(くし形切り)

1 下ごしらえ

豚肉は縮まないように筋を切り、塩、胡椒を少々をふってなじませ、薄く薄力粉をまぶして余分な粉ははたき落とす。

2 豚肉を焼く

フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、1をこんがりと色づくまで焼いて返し、さらに1~2分焼く。軽く押さえて弾力が出ていたら皿に取り出す。

3 ソースの下準備

2のフライパンにそのまま白ワイン、水を入れて中火にかけ、ヘラでフライパンについた旨味をこそげて、しっかり煮立てる。

ヘラでフライパンについた旨味をこそげる
丁寧にこそげて、豚肉の旨味をソースに残すことなくいただきましょう。

4 ソースを仕上げる

トマトケチャップ、醤油、オレンジの搾り汁を加え、バターを小さく切って加えて混ぜる。塩と胡椒で味をととのえ、オレンジの外皮を加える。

5 仕上げる

2の豚肉に4のソースをかける。好みでレタス、パセリ、オレンジを添える。

完成
オレンジ香る大人ソースとろ~りのポークソテーを召し上がれ。

――明日はナポリタンです!

教える人

坂田阿希子

坂田阿希子

フランス菓子店やフランス料理店で経験を重ね、独立。現在は料理教室「studio SPOON」を主宰する。フランス料理やエスニック料理 などジャンルを飛び越えて、おいしいものへの探究心が旺盛。プロの手法と自らの経験を生かした、生命感あふれる料理にファンが多い。『洋食教本』(東京書籍)、『坂田阿希子の肉料理』(文化出版局)など著書多数。

技あり!dancyuケチャップ
技あり!dancyuケチャップ
A4変型判(80頁)
ISBN:9784833477048

2018年05月28日発売 / 864円(税込)
この雑誌を購入する

文:遠藤綾子 撮影:原ヒデトシ