dancyuのムック
スパイスを使ってチキンカレーをつくろう!

スパイスを使ってチキンカレーをつくろう!

夏はスパイスたっぷりのチキンカレーがおいしい。トマトベースであっさりしているので、食欲がわかないときにもおすすめですよ。スパイスのアレンジ次第で、自在に自分好みの味わいに変えることだってOK。夏にぴったりなチキンカレーをどうぞ!

鶏肉にしっかり下味をつけよう!

チキンカレーで使う鶏肉は、もも肉がおすすめです。適度に脂がのって、旨味がしっかりしているのが、もも肉の特徴。極上のチキンスープを抽出しながら、じわじわとカレーに仕立てていきます。歯ごたえもあって、ジューシー。

にんにく、生姜は単なる隠し味ではありません。本場インドでは、カレーにはにんにく、生姜が必需品。 カレーの味を下支えしてくれる、タフな材料なのです。旨いカレーづくりの秘訣はにんにく、生姜にあり!

昆布の旨味成分と同じ、グルタミン酸を含むトマトもカレーのコクを深めるための強い味方。
生のトマトであれば完熟のものを使うのがポイント。完熟がないときは、トマト缶やトマトジュースでも代用可能。分量は生トマトと同量でOK。

旬の時期に出回る完熟のトマトは冷凍保存が可能です。解凍してから、生トマトと同様の手順で調理してください。

万能のカレー粉に好みの味や香りをプラスすれば、うっとりするような風味のカレーに仕上がります。
大人の甘味が欲しいときはシナモン、「これぞインド」という 個性的な香りが食べたいときはクミン、爽やかで高貴な香りのカルダモン、肉のくさみを取ったり、爽やかな香りを提供してくれるローリエ、というように 1種2種と加えながら好みの味に仕立ててください。 今日はガツンと辛いカレーが食べたい、というときは赤唐辛子や強い辛味成分をもつカイエンペッパーなど 辛味強化スパイスをプラスしてさらにホットに。

チキンカレーのつくり方

材料 材料 (4人分)

鶏もも肉 3枚(800g)
★ 鶏肉の下味用
・ 塩 小さじ1/2
・ カレー粉 大さじ1/2
玉ねぎ 3個
トマト 大3個(完熟)
にんにく 2片(みじん切り)
生姜 大さじ1(すりおろし)
プレーンヨーグルト 300g
サラダ油 大さじ5
カレー粉 大さじ3~4
★ 好みのスパイス
・ 赤唐辛子 2~3本
・ カイエンペッパー 小さじ1/2~1
・ クミンシード 小さじ1
・ カルダモンホール 4~5粒
・ シナモンスティック 小1~2本
・ ローリエ 1枚
小さじ1

1 野菜を切る

玉ねぎはみじん切りにする。トマトはへたを取って横半分に切り、種があると、出来上がったときに舌に残ることがあるので、種を取って、1cm角に切る。

野菜を切る
野菜を切る

2 鶏肉に下味をつける

鶏もも肉は1枚を8等分に切り、ボウルに入れる。下味用の塩、カレー粉をまぶして20分ほどおいておく。

鶏肉に下味をつける
主役の鶏肉に、しっかり下味をつけると、 凝縮感のあるカレーに仕上がる。

3 玉ねぎを炒める

香りをじわじわと油に移すのがポイント。
玉ねぎ、にんにく、生姜を入れたら、しんなりするまで炒める。
水分が出てきたら蓋をして弱めの中火で炒める。蓋をすると、玉ねぎの水分が全体にからむので、ずっと混ぜ続けることなく炒めることができる。
全体が茶色になれば炒め上がり。

4 鶏肉を焼き付ける

フライパンにサラダ油大さじ1を熱して下味をつけた鶏肉を入れ、強めの中火で両面を焼きつける。

鶏肉を焼き付ける
表面を焼きつけて肉の旨味を閉じ込めよう。

5 煮込む

炒めた玉ねぎに焼きつけた鶏肉を入れ、カレー粉を加えて炒める。ヨーグルト、トマト、塩を加えて混ぜ、蓋をして煮込む。途中、トマトが煮くずれて水分が出てきた状態になったら、底から混ぜて、弱火で25~30分煮込む。

煮込む
煮込む
完成
スパイシーチキンカレーが完成!
仕上げ
ごはんとともに器に盛るだけ。アーモンドスライスを散らせば、ごちそう度アップ。

明日はビーフカレーです!

教える人

大庭英子

大庭英子

シンプルながら失敗なくつくれるレシピに定評がある料理研究家。特別な素材、調味料は使わず、余分な手間はそぎ落とした“引き算の料理”が身上。

技あり!dancyuカレー
技あり!dancyuカレー
A4変型判(96頁)
ISBN:9784833476898

2018年03月28日発売 / 864円(税込)
この雑誌を購入する

文:中村裕子 撮影:野口健志

yuko_nakamura.jpg

中村 裕子(編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。