スープをじっくりつくる、手軽につくる
熱々の「クラムチャウダー」を10分でつくりましょう。

熱々の「クラムチャウダー」を10分でつくりましょう。

スープ作家の有賀薫さんが、10分でつくれる「クラムチャウダー」の簡単レシピを披露します。包丁もまな板も使わないから、片付けまで簡単です。

工夫をすれば、スープは短い時間で簡単につくれます。

クラムチャウダーの濃厚な口当たりと、貝の旨味が凝縮した味わいはとてもおいしいです。
わかってはいても、あさりの砂抜きや食材をあれこれ準備するのはやっぱり大変。仕事から帰ってきて日常的につくれる人は、なかなか少ないのではないでしょうか。

そんな方に贈る、冷凍あさりのむき身を使った、つくり始めて10分で食べられるクラムチャウダーをご紹介します。

簡単レシピは、洗い物を少なくすることも大切。今回は、包丁も使いません。
簡単レシピは、洗い物を少なくすることも大切。今回は、包丁も使いません。

つくり方はとてもシンプル。もちろん砂抜きも必要ありません。
じゃがいもを薄くスライスして煮ることで、じゃがいものでんぷん質が水に溶けだして、小麦粉を加えなくても自然なとろみがつきます。

長ねぎは旨味のベースになるのでぜひ入れてください。バターで炒めても良いのですが、少量だと焦げやすいので、先に水で簡単に蒸し煮にしてしまい、水が飛んだところでバターを加えて軽く炒めます。

ピーラーを使ってじゃがいもの皮をむき、スライサーで鍋に直接落としていけば、包丁、まな板を使わずにスープがつくれます。また、手切りよりスライサーのほうが薄く切れるので、じゃがいもが煮える時間も早いですよね。忙しい方はこういう方法をもっと取り入れるといいなと考えています。

あさりや牛乳を煮過ぎないほうがいいのは、クラシック・クラムチャウダーと同じです。本格的なつくり方よりはずっと簡易なものですが、あさりの旨味とじゃがいもの食べ応えで、満足感の高いスープだと思います。

かんたんクラムチャウダーのつくり方

材料 材料 (4人分)

冷凍あさりむき身 100g
長ねぎ 80g
じゃがいも 2個
バター 20g
400ml
牛乳 100ml
小さじ1/2
胡椒 適宜
青ねぎ 適宜
材料

1 ねぎを炒める

スライサーで薄切りにした長ねぎと、水大さじ1(分量外)を鍋に入れ、中火にかける。水分が蒸発したらバターを加えて炒める。

長ねぎを少量の水で煮ることで、炒めるよりも早く火が通る。
長ねぎを少量の水で煮ることで、炒めるよりも早く火が通る。

2 じゃがいもを煮る

水400mlを鍋に入れ、皮をむいて半分に切ったじゃがいもをスライサーで薄切りにしながら加える。沸騰したら中弱火にする。3分ほど煮たら、あさりのむき身を加える。

鍋の上でスライサーを使えば、洗い物も増えない。
鍋の上でスライサーを使えば、洗い物も増えない。
あさりのむき身は、凍ったままでOK!
あさりのむき身は、凍ったままでOK!

3 あさりと牛乳を加えて味つけする

牛乳を加え、塩と胡椒で味を整える。ひと煮立ちしたらでき上がり。

食材の準備も含めて約10分で温かいクラムチャウダーの完成。
食材の準備も含めて約10分で温かいクラムチャウダーの完成。

牛乳、あさりの旨味、塩、胡椒、少量のバターで、サラリとした味わいです。夜遅くても罪悪感なく食べられるので、ぜひつくってみてください。

牛乳を生クリームに代えると濃厚でリッチな味わいになります。にんにくのすりおろしをほんの少し加えても味に厚みが出ておいしいですよ。
牛乳を生クリームに代えると濃厚でリッチな味わいになります。にんにくのすりおろしをほんの少し加えても味に厚みが出ておいしいですよ。

――つづく。

スープ・レッスン
スープ・レッスン
cakesの大人気連載「スープ・レッスン」から厳選。大幅な加筆と追加レシピを加えて、ついに書籍化!
旬の野菜をたっぷり味わう究極のシンプルレシピ集です。

メインの野菜はひとつ。味付けは最小限。それは効率的、経済的、健康的、つまり快適。
野菜がもっと好きになるスープレシピで、忙しい毎日をもっと楽に、もっと楽しく生きる。

A5 判( 128 頁)
ISBN: 9784833422956
2018年09月28日発売 / 1,404円(税込)
この本を購入する

文:有賀薫 写真:キッチンミノル

kaoru_ariga.jpg

有賀 薫(スープ作家)

1964年、東京都生まれ。ライター業のかたわら、家族の朝食にスープをつくり始める。2011年より始めた朝のスープづくりは、約3000日にわたって続けている。2018年には『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)が第5回料理本大賞入賞。スープの実験イベント"スープ・ラボ"はじめ、スープをテーマにしたイベントを多数主催。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)がある。