明日、どこに食べに行こう?
羊肉を燗酒と自然派ワインで楽しむ酒場「29ロティ」|羊が旨い店⑧

羊肉を燗酒と自然派ワインで楽しむ酒場「29ロティ」|羊が旨い店⑧

大塚にある「29ロティ」では羊のねっとりとした脂と燗酒の抜群の相性を楽しめます。お好きなみなさんならご存じのように、羊はクサいとか、カタいとか、そんなのは昔の話。今や幅広いジャンルで、香り高く軽やかで、素晴らしくおいしい羊料理が食べられます。そんな羊がおいしい店をご紹介します!

燗酒で美しく切れる羊の脂

店名が表す通り、29(ニク)を味わうための店である。しかも、牛、鶏、豚、鳩、鴨、そして生ハム各種とその守備範囲は広いが、肉レストランではなく、ここは酒も楽しめる場所。タンドールや生ハムのスライサーもあり「レストランで食べるような肉料理を出せる居酒屋」であるところが、この店ならではの得難い個性だ。

生ハム3種盛り
サルメリア69譲りの生ハム3種盛り1,800円。

居酒屋であるから、肉との相性も考慮された、たくましい味わいの日本酒が季節ごとに30銘柄ほど。ヴァンナチュールを中心に選ばれた赤白のワインも同じく約30銘柄が揃う。

酒
ワインはジェラール・シュレールなどナチュラルな造りのものが中心。日本酒は旭若松 純米無濾過生原酒など、しっかりした味わいが中心。

羊のヒレ、ロース、もも、タン。さまざまな部位にスパイス各種を効かせて、あるいはあっさり岩塩で。適材適所にその味わいが生かされる羊肉は、主にオーストラリア産。各地の肉を食べ歩きながら、“肉歴”を重ねてきた店主・江澤雅俊さんの「穀物で育てているため、肉の味が濃いんです。日本人には、なじみが良いのでは」という判断からだ。

料理
奥から、羊のカルパッチョ遊牧民風1,380円、羊肉の舌焼き1,200円、羊のソーセージ東北仕立て1,500円。
ヒレのレアステーキ
ヒレのレアステーキ2,000円。

大塚の銘酒居酒屋「串駒」での修業経験も持つ江澤さんは、肉だけでなく日本酒の知識も深い。羊料理を前に、ここは当然赤、となりそうな場面で、生酛純米酒のお燗を出してもらえる楽しさ。右手にワイングラス、左手に盃。そんな両手飲みも可能な店である。

店内
2012年5月開店。生ビール480円、日本酒グラス(120mL)480円~、グラスワイン800円~、ボトルワイン5,000円~。サービス料10%。予約が確実。

店舗情報店舗情報

29ロティ
  • 【住所】東京都豊島区南大塚1‐23‐8 はらだ荘101
  • 【電話番号】03‐6902‐1294
  • 【営業時間】18:00~23:00(L.O.)
  • 【定休日】火曜
  • 【アクセス】JR「大塚駅」より8分

文:藤田千恵子 写真:木村心保

※この記事の内容はdancyu2018年6月号に掲載したものです。

藤田 千恵子

藤田 千恵子 (ライター)

群馬県生まれ。日本酒の味わいのみならず酒蔵の文化・杜氏蔵人の精神性に惹かれて各地の蔵元を取材執筆。著書に『日本の大吟醸100』『杜氏という仕事』(ともに新潮社)、『おとなの常識・日本酒』(淡交社)、『美酒の設計』(マガジンハウス)、『極上の調味料を求めて』(文藝春秋)など。2001年より日本酒と醗酵食品・伝統調味料の啓蒙をはかる「醗酵リンク」主宰。2004年より長野県原産地呼称管理制度日本酒官能審査員。「dancyu」「あまから手帖」日本酒特集など、雑誌寄稿多数。