佐渡観光。
「マノチョリソー」の"チョリソーたまごサンド"

「マノチョリソー」の"チョリソーたまごサンド"

新潟県佐渡島に登場した、手づくりチョリソーのサンドイッチを販売する「マノチョリソー」。「Silt」という店の一角で、間借り店として販売するのは週2日のみ。さて、それはどんなサンドイッチなのか?

週2日のみ営業する間借り店。

水曜日と土曜日。
佐渡島の真野新町にある植物と洋酒の店「Silt」の店内は、いつもよりちょっと熱気を帯びる。

「マノチョリソー」が間借りで店を開く日なのだ。

植物と洋酒の店「Silt」の店頭にこの看板が掛かったら「マノチョリソー」の開店日。

店の奥に設けられた、コックピットのようなぎゅっとコンパクトなキッチンでは、瀬下要(せしもかなめ)さん、萌(もえ)さん夫妻が額に汗を浮かべながら、チョリソーを焼き上げていた。
ぷっくりとはちきれそうに中身の詰まったチョリソーからは、脂が浮きあがり、なんともおいしそう。

看板メニューは、このチョリソーと玉子を食パンにサンドした“チョリソーたまごサンド”。飲み物に、スペインの国民的飲料の“コラカオ”やコーヒーがあり、日によってはデザートの“アロス・コン・レチェ”などサイドメニューも用意。いずれも共通しているのはスペインと関わりの深いものだ。

「Silt」の店内。カウンターの奥がキッチンになっている。
コンパクトかつ機能的なキッチン。
肉汁と旨味が詰まった手づくりのチョリソー。無理なく手に入る素材で、本場で食べた味を表現する。

自分たちの好きなスペインの味を表現する。

ふたりが東京から佐渡島に移住してきたのは、2018年3月のこと。
「マノチョリソー」を開くにいたったのは、スペインへの憧憬がある。要さんがバックパッカーをしていた時代にもっとも心が引かれた地であり、ふたりで巡礼の地も歩いた。
「スペインを旅していて印象に残った味、自分たちが好きなものをできる範囲で出していきたい」という思いから、スペイン料理店での料理人の経験もある要さんはチョリソーを手づくりしはじめた。
「日本でチョリソーというと、一般的にはピリ辛のウインナーみたいなイメージが強いと思うんです。それは南米のスタイルのものなんです。スペインで食べられているのは、チョリソーに入れるのは唐辛子ではなく赤い色のパプリカパウダー。だからチョリソー自体に辛味はそうなく、仕上げにかけるブラバスソースの方に辛味があるんです。バル料理のソースを再現したもので、ジャガイモにかけてもおいしい。ヤミツキ感があります」

「マノチョリソー」を切り盛りするふたり。瀬下要さんと萌さん。

佐渡で無理なく手に入るものでスペイン流のチョリソーを表現し、それを地元の人に気に入ってもらえれば。そんな思いを持っているとき、同じ移住組の「Silt」店主の椎名智代さんと出会い、話はとんとん拍子に。

2019年4月、まずは間借りという形で店を始めるに至った。

誰もが手に取りやすい“日常の味”にするために。

スペインのクラシックなレシピにのっとり、豚の腸に入れるのは豚肉のみ。そのチョリソーを玉子とともに炒め、食パンにサンドするのは、「誰もが手に取りやすい形とは?」を考え、たどり着いたひとつの答えだ。
1人分500円という金額設定も、チョリソーを“日常のもの”にするための課題だった
食パンは、萌さんが手ごねで焼き上げたもの。機械でこねるよりふんわりとした食感になり、「特別なものは使ってない」というその素朴さがまた老若男女問わず食べやすい。

玉子と炒める際に調味料を加えずとも、チョリソーに旨味がしっかりあるのでちょうどよい味わいになる。
パンには、にんにく入りのアリオリソースと、チョリソーを焼いたときに出た肉汁も共に塗る。

要さんは言う。
「佐渡の方たちは新しいものに敏感で、最近は移住してくる人も増えていて、いいスタートが切れていると思います。この地に根付いた味にしていきたいですね」


屋号の「マノチョリソー」のマノとは、この地の地名が「真野(まの)」であることと、スペイン語で「マノ」が「手」の意味を持つことから命名した。
夫婦ふたりの手が生みだすスペインのエッセンスは、少しずつゆっくりとこの地になじみつつある。

仕上げに辛味のあるブラバスソースをかけて完成!1セット500円。
この日は、米と牛乳を使ったスペインでおなじみのデザート“アロス・コン・レチェ”が登場。シナモンの風味も爽やか!地元にある佐渡乳業の牛乳を用い、佐渡の無名異焼(むみょういやき)の器に入れて提供。

――つづく。

店舗情報店舗情報

マノチョリソー
  • 【住所】新潟県佐渡市真野新町287‐2(「Silt」内)
  • 【電話番号】なし
  • 【営業時間】11:00~14:00
  • 【定休日】月曜、火曜、木曜、金曜、日曜。不定休あり
  • 【アクセス】佐渡汽船「両津港」より車で30分

文:沼由美子 写真:大森克己

yumiko_numa.jpg

沼 由美子(ライター・編集者)

横浜生まれ。バー巡りがライフワーク。とくに日本のバー文化の黎明期を支えてきた“おじいさんバーテンダー”にシビれる。醸造酒、蒸留酒も共に愛しており、フルーツブランデーに関しては東欧、フランス・アルザスの蒸留所を訪ねるほど惹かれている。最近は、まわれどまわれどその魅力が尽きることのない懐深き街、浅草を探訪する日々。