観光客の知らない浅草~浅草高校・国語教師の飲み倒れ講座~
「ちゃこーる」の焼鳥はフランスの香り|神林先生の浅草ひとり飲み案内⑨

「ちゃこーる」の焼鳥はフランスの香り|神林先生の浅草ひとり飲み案内⑨

焼鳥屋はもくもく煙まみれのオヤジの店、なんてとうの昔の話。焼鳥激戦区、浅草には、フレンチ的要素を取り入れたパイオニアの遺伝子を継ぐ店があるのです。江戸の“飲み倒れ”の精神を、「飲むことに人生を懸けて」追求する神林先生が、自身のミニコミ「ひとり飲みの店ランキング2019」25軒より、選りすぐりの酒場をご案内。

浅草は、まさに焼鳥屋の群雄割拠の世。

「焼鳥屋は、戦後の浅草・千束が発祥の地だ」という説がある。
千束通り(浅草3丁目)に本店を構える外食チェーン「鮒忠」(1946年創業)の創業者・根本忠雄氏が鶏肉の串刺しを売り出し、それが1950年頃からのブロイラー普及とともに全国に広まり、根本氏は「焼鳥の父」と呼ばれた。

「鮒忠」は8月10日を「焼き鳥の日」(語呂合わせです)として登録している(「鮒忠」HPより)。
焼鳥の食文化としての価値を国内外へ発信・普及していくことを目指す「全国やきとり連絡協議会」によると、焼鳥屋は幕末に誕生し、関東大震災後に屋台が増え、戦後に大衆化したという。「鮒忠」も大衆焼鳥店の普及の一翼を担ったといえるだろう。
2018年、1872(明治5)年創業の浅草観音裏にある割烹「草津亭」(元高級料亭「浅草田圃 草津亭」)が倒産し、事業譲受した「鮒忠」の子会社となった。時代を感じさせる出来事だ。

店名は、「炭」と店主のニックネーム「チャコちゃん」から命名。
店名は、「炭」と店主のニックネーム「チャコちゃん」から命名。
今回登場する「ちゃこーる」は一面グリーンの壁が印象的。
今回登場する「ちゃこーる」は一面グリーンの壁が印象的。
神林先生が職場の都立浅草高校で配布する目的でつくり始めたミニコミ誌。今回のテーマは「ひとり飲みの店ランキング2019」に即した大好きな店ばかり25軒をランキング形式で紹介しています。
神林先生が職場の都立浅草高校で配布する目的でつくり始めたミニコミ誌。今回のテーマは「ひとり飲みの店ランキング2019」に即した大好きな店ばかり25軒をランキング形式で紹介しています。

いままでに175軒の焼鳥屋に行った。焼鳥屋は、やはり「ひとり飲み」が様になる。
だが、大衆焼鳥というと、かつてはオヤジたちがくだを巻き、片手にお土産をぶら下げて千鳥足で帰っていく……というイメージだった。
それが1980年前後から銘柄鶏や地鶏といった“ブランド鶏”を使用したワンランク上の焼鳥専門店が増えてきている。僕はいまの浅草は、そのような焼鳥専門店の激戦区だと思っている。

1931(昭和6)年創業の老舗「銀座 鳥繁」出身の「鳥輿(とりこう)」(2010年創業・西浅草2丁目)、『ミシュランガイド東京』で焼鳥屋として初めて星を獲得した銀座「バードランド」出身の「トリビアン」(2012年創業・浅草3丁目)、湯島「鳥恵」出身の「鳥なお」(2014年・雷門1丁目)、六本木「YAKITORI燃(もえ)」出身の「喜実どり」(2017年浅草4丁目)などまさに群雄割拠である。

フランスの風を感じるメニューが散りばめられる。

今回ご紹介したいのは、そのなかでも異彩を放つ「ちゃこーる」だ。
「ちゃこーる」(7位)は、浅草のフレンチレストラン「ラ・シェーブル」(1995年)が出した新タイプの焼鳥店「萬鳥(ばんちょう)」(2000~2013年)出身である。

「萬鳥」は、フランス料理で使う鶏やジビエを、焼鳥の手法で食べさせる店だった。
創業当初は、他のフレンチから「反則だ」と言われたそうだ。
そりゃそうだ。
日本人の舌には、鶏はソースよりタレや塩で食べた方が合っているに違いない。
「萬鳥」の狙いは的中し、新丸ビルにも支店を出すほどだった。今では当たり前となった「ワインと焼鳥」を合わせたのも「萬鳥」がパイオニアだ。

フォアグラと鶏レバーのパテ750円。ワイン600円~とともに。
フォアグラと鶏レバーのパテ750円。ワイン600円~とともに。
鶏を焼いて早19年。「ちゃこーる」店主の高橋久子さん。
鶏を焼いて早19年。「ちゃこーる」店主の高橋久子さん。

「ちゃこーる」のシェフ・高橋久子さんは、その「萬鳥」で13年間ずっと焼き手を任されていた。
思えば、女性オーナーの焼鳥屋、女性の焼き手というのも珍しい(こちらでもパイオニアかな?)。
高橋さんは写真学校を卒業し、最初はカメラマンとして社会に出た。その後、浅草の人気居酒屋「もがみや」で調理を担当していた関係で、「萬鳥」開店時に声がかかった。
実家を改装して店舗とし、2013年に「ちゃこーる」を開店。店名は、高橋さんの愛称「チャコちゃん」と「charcoal(炭)」を掛けたもの。これも焼鳥屋っぽくない。
店内が広いのは、スペースを要するビニールの裁断屋だった実家を改装したゆえである。

気さくな接客のママ、高橋久子さん。
気さくな接客のママ、高橋久子さん。

一見カフェのようにも見える店内は、カウンター8席にテーブル6席。
でも、やはり焼鳥屋はカウンターに限る。
焼鳥屋の親父といえば、気合に満ちていたり、声をかけづらいオーラを放っていたりするが、「ちゃこーる」のママ(僕はこう呼びます。シェフではよそよそしい)の所作は自然で無駄がなく、完成した串も美しい。
このような焼き手の仕事や、焼き上がっていく串を見て楽しむのも焼鳥屋の醍醐味というもの。焼鳥屋は、オープンキッチンのパイオニアといってもいいだろう。

ホワイトアスパラ700円は、鶉の半熟玉子をソース代わりに。
ホワイトアスパラ700円は、鶉の半熟玉子をソース代わりに。
淡路産玉ねぎ350円。じっくり焼いた甘味とジューシーさが抜群!
淡路産玉ねぎ350円。じっくり焼いた甘味とジューシーさが抜群!
たっぷり盛られる、彩り野菜のピクルス400円。
たっぷり盛られる、彩り野菜のピクルス400円。

「萬鳥」ではフランスのブレス産の鶏をメインに使っていたが、「ちゃこーる」ではいろいろ食べ比べた結果、伊豆で育てられる天城軍鶏(あまぎしゃも)をメインにした。
平飼いの鶏舎で育てられた軍鶏で、繊維が細かく、旨味も豊かだ。
それだけでなく、フランス産の鶉(うずら)や小鳩、バルバリー鴨、ほろほろ鳥、鹿などのジビエだって味わえる。

うずら半身750円は、ブルターニュ産の鶉を用いています。
うずら半身750円は、ブルターニュ産の鶉を用いています。
どのお店にも縁起物が飾られているのも浅草的?
どのお店にも縁起物が飾られているのも浅草的?

さらなる楽しみが、ホワイトアスパラやかぶ、むかご、ズッキーニといった季節ごとの野菜焼きだ。ワインもお手頃なものが多く、有料で持ち込みもできる。
素材へのこだわりと女性らしい美意識、非日常的な空間。
観音裏には、こんな異次元の焼鳥屋もある。今までにない味に出会えること請け合いです。

ガラを炊いて塩のみで調味した鶏のスープ300円で〆。五臓六腑に染み渡る滋味深い味わいです。
ガラを炊いて塩のみで調味した鶏のスープ300円で〆。五臓六腑に染み渡る滋味深い味わいです。
神林先生の「ひとり飲みの店ランキング2019」より。
▼15位「焼酎処 乙」
2005年開業。珍しい焼酎が揃っている。地元の客や飲食関係者たちが多く集まる店。
▼14位「OGURA isBar」
1998年開業。オーセンティックな雰囲気で、ウイスキーの品揃えがすばらしい大人のバー。
▼13位「田毎」
1966年開業。釜飯屋で飲む。焼鳥も『dancyu』に載る実力。女将は元女子レスラー。
▼12位「コントワールクワン」
2015年開業。自然派ワインバー。パスタ、ピザ、メイン料理が1000円前後から。
▼11位「おにぎり 金太郎」
1972年開業。吉原裏の渋いおにぎり居酒屋。女将さん手製の日毎の惣菜も魅力。
▼10位「呑み喰い処 酔花」
2007年開業。浅草の芸者衆や旦那衆も立ち寄る家庭的な店。靴を脱いでくつろげる。
▼9位「笑ひめ」
2010年開業。愛媛料理の居酒屋。着物に割烹着姿の女将が人気。柑橘系の酒が充実。
▼8位「ペタンク」
2017年開業。「ミシュランガイド東京 2019」ビブグルマン掲載のビストロ。気取らずに料理とワインを。要予約。
▼7位「ちゃこーる」
2013年開業。元「萬鳥(ばんちょう)」の焼き方が開いた。天城軍鶏に仏産鶉、鴨、ジビエもある焼鳥屋。
▼6位「コメジルシ」 
2014年開業。浅草駅地下街のカルト的日本酒バー。店主におまかせのお得なコース制。
(ランキングは、テーマや先生の独断で変動することも多分にあります)

――明日につづく。

似顔絵
<本日のお会計>
生ビール(アサヒ樽詰500円)。淡路産玉ねぎ350円。ホワイトアスパラガス700円。グラスワイン600円。フォアグラと鶏レバーのパテ750円。ねぎま350円。れば250円。つくね300円。鶏のスープ300円。計4,100円也。

店舗情報店舗情報

ちゃこーる
  • 【住所】東京都台東区浅草4‐14‐6
  • 【電話番号】03‐3874‐0075
  • 【営業時間】18:00~23:00(L.O.)
  • 【定休日】水曜
  • 【アクセス】つくばエクスプレス「浅草駅」より10分

文:神林桂一 写真:大沼ショージ

kanbayashi_-teacher.jpg

神林 桂一(都立高校国語教師)

教師生活41年。食べ歩き、飲み歩き歴は44年。10年前の都立一橋高校(馬喰町)時代から食のランキング・ミニコミを刊行(おもに職場で配布)。下町エリアを中心に酒場、定食屋、バー、和・洋・中・その他のエスニック料理店と守備範囲は広いが、なかでも“お母さん酒場”には並々ならぬ情熱を持つ。食にまつわる書籍、雑誌、テレビ番組、一般的なランキングサイトなど、リサーチにも余念がなく、自作のデータベースには行った店・約9000軒を含む1万4800軒の店や食の情報が整理されている。毎日早朝6時、デッキや外付けHDD計4台に録りためた番組をチェックすることから1日が始まる。