大原千鶴さんの「今宵のあて」
ふわふわ卵がたまらない「豚バラとセロリのからしマヨネーズ」

ふわふわ卵がたまらない「豚バラとセロリのからしマヨネーズ」

シンプルな塩炒めにふわふわ卵とからしマヨネーズを添えるだけで深い味わいの一品に。この連載はお酒を愛する料理研究家の大原千鶴さんがご自分でも「このあてでこんなお酒を呑みたい」と思う、季節のおつまみをご紹介します。

塩炒めをからしマヨネーズで味変しながらシャンパーニュと

家庭の冷蔵庫にありそうな材料でチャチャッとつくる、炒め物です。セロリは炒めると生とは違った食感になり、豚バラ肉の旨味をまとってさらに美味しくなります。これだけでも十分おつまみになりますが、さらに卵をトッピングしてみました。ふわふわの卵ってテンション上がりますよね。

呑むタイミングに合わせてつくるとすこぶる美味。先にお酒の準備をお忘れなく。普通の塩炒めが、卵がのるだけで華やかになり、黒胡椒をふると大人な味に。シャンパーニュや白ワインと絶妙の相性になります。
さらにこれに、からしマヨネーズを添えると味変も楽しめます。つけたりつけなかったりして、自分好みの味を探すのが酒呑みさんですよね。

豚バラとセロリのからしマヨネーズのつくり方

材料材料 (1人分)

豚バラ肉2枚(50g)(焼肉用)
セロリ1/2本(50g)
少々
胡椒少々
1個
胡麻油(白)小さじ1
★ からしマヨネーズ
マヨネーズ20g
溶きからし小さじ1/4
粗挽き黒胡椒適宜

1下ごしらえ

豚肉は7mm幅に切り、塩、胡椒をふる。セロリは薄切りにする。からしとマヨネーズを合わせておく。

2豚肉とセロリを焼く

フライパンを中火にかけて豚肉を入れて炒め、豚肉の色が変わったらセロリを加え、塩をひとつまみ(分量外)をふって炒める。セロリがしんなりとしたら器に盛る。

3卵を焼く

②のフライパンに胡麻油を入れて中火で温め、溶き卵を回し入れ、箸で混ぜて半熟状になったらすぐに火を止め、②の上にのせる。

卵を焼く

4仕上げ

①のからしマヨネーズを添え、あれば粗挽き黒胡椒をふる。

仕上げ
完成

教える人

大原千鶴 料理研究家

大原千鶴 料理研究家

京都・花脊の料理旅館「美山荘」が生家。小さな頃から自然に親しみ、料理の心得を学ぶ。現在は家族五人で京都の市中に暮らし、料理研究家としてテレビや雑誌、講習、講演など多方面で活躍。シンプルなレシピに定評があり、美しい盛りつけにもファンが多い。着物姿のはんなりとした京女の印象とは対照的に、お酒をこよなく愛す行動派。レシピはお酒を呑んでいる時に思いつくのが一番多い。

文:西村晶子 撮影:福森クニヒロ

西村 晶子

西村 晶子 (ライター・編集者)

関西在住のライター、時々編集者。京都の和食を中心に、老舗から新店までを分け隔てなく幅広く取材。2006年8月号「明石の老舗に、至福の柔らか煮、タコ飯を習う」で初執筆。2018年5月号より「京都『食堂おがわ』の季節ごはん」の連載を担当。