dancyu本誌から
豆がゴロゴロ!中国のおしるこ"喳咋(ざーざー)"

豆がゴロゴロ!中国のおしるこ"喳咋(ざーざー)"

dancyu3月号の第二特集「極上のあんこ」にて、中国に根付くあんこ文化を教えてくれた早稲田「甘露」さん。誌面に収まらなかった、もう一つのあんこ甘味をご紹介します。ココナッツが香る、豆いっぱいのおしるこです!

ほっこり癒される、ココナッツ風味のおやつ

「甘露」は中華スイーツと中国茶のカフェ。メニューにはあんこをのせた双皮奶(広東式ミルクプリン)などが並び、どれも魅力的で目移りします。そのなかで気になったのが“喳咋”。「ザーザー」と読むそうですが、どんなスイーツ?

「いろいろなお豆とお芋が入ったココナツ風味のおしるこです。東南アジアから入ってきたおやつなんですよ」と教えてくれたのはマダムの向井舞子さん。

食べてみると、ココナッツミルクのやさしい風味がほくっと煮えた豆を包み、どこか懐かしい素朴なおいしさ。ほっこり癒される〜!

そこで、つくり方を向井さんに教えてもらいました。豆を火にかけたら、あとは柔らかくなるのを待つだけ。とてもシンプルなので、好きな豆を組み合わせて、ぜひつくってみてください。煮ている時間から幸せな気持ちになりますよ。

“喳咋(ざーざー)”のつくり方

材料

材料材料 (4杯分)

豆*1
・ 小豆30g
・ 赤いんげん豆30g(金時豆)
・ 白いんげん豆30g(手亡豆)
・ 緑豆30g
・ ひよこ豆30g
片糖*2160g
ココナッツミルク120ml
ココナッツフレーク少々
蒸したさつまいも適宜

*1 お好みの豆でOK。計150g用意しよう。
*2 サトウキビの香ばしさが残る、中国の板砂糖。きび砂糖で代用可。

1豆を合わせて洗う

豆はすべて混ぜ合わせ、水でサッと洗っておく。

2熱湯で豆をゆでる

鍋に水1.4ℓを沸かし、①の豆を入れる。小豆の量は少ないので渋切りは不要。

熱湯で豆をゆでる

390分、ふつふつ煮る

再び沸騰したら蓋をずらして少し隙間を開けた状態で、90分煮る。火加減は湯の表面がふつふつと沸く程度に。

90分、ふつふつ煮る

4片糖を加える

豆が十分柔らかくなったら、片糖を入れる。片糖がすべて溶けたら、さらに10分煮る。

片糖を加える

5器に盛り、仕上げる

器に盛り、1杯にココナッツミルク30ml、好みでココナッツフレークとさつまいもをのせて完成。

完成
いろいろな豆が入っていて、一口ごとに食感が変化。さつまいもも入っているから食べ応えがあります。
外観
「甘露」は2018年10月開店。多彩な中国茶528円〜と、季節の薬膳スイーツが味わえる。
スタッフ
右上から時計回りに、向井直也さん、向井舞子さん、張鈺若(チョウ ギョクジャク)さん、謝霄然(シェ シャオラン)さん。

店舗情報店舗情報

甘露
  • 【住所】東京都新宿区西早稲田3‐14‐11
  • 【電話番号】03‐6823‐5484
  • 【営業時間】11:30~18:00
  • 【定休日】木曜 ほか不定休あり
  • 【アクセス】都電荒川線「面影橋」より4分、東京メトロ「早稲田駅」より10分

文:上島寿子 写真:三浦英絵

上島 寿子

上島 寿子 (文筆家)

東京生まれで、アルマーニで有名になってしまった銀座の泰明小学校出身。実家がビフテキ屋だったため、幼少期から食い意地は人一倍。洋酒メーカー、週刊誌の記者を経て、フリーに。dancyuをはじめ雑誌を中心に執筆しています。