秋の味覚を楽しむレシピ
"鮭と豆苗のすり胡麻炒め定食"のススメ

"鮭と豆苗のすり胡麻炒め定食"のススメ

秋の食材である鮭を使った献立を、料理研究家の重信初江さんに習いました。なんと今回は、30分で完成する一汁三菜です。忙しい平日の夜でも、ぱぱっとつくれますよ。

今晩の献立は“鮭と豆苗のすり胡麻炒め定食”!

鮭と豆苗のすり胡麻炒め定食

30分で晩ごはんを完成させるには、段取りが重要です。まずじゃがいもと豚、キムチの重ね蒸しの下ごしらえをして、重ね蒸しを電子レンジにかけている間に野菜、鮭を切りましょう。わかめと卵、ミニトマトのスープのベースを火にかけてから鮭を焼き始め、スープを仕上げる。最後に炒め物を仕上げたら完成です!

“鮭と豆苗のすり胡麻炒め”のつくり方

材料材料 (2人分)

豆苗1パック(100g)
甘塩鮭2切れ
エリンギ大1本(60g)
サラダ油大さじ1/2
A
・ 酒大さじ1
・ 塩小さじ1/4
・ 胡椒少々
白すり胡麻大さじ2

1下ごしらえ

豆苗は根元を除き、長さを半分に切る。エリンギは長さを半分にしてから3~4枚にスライスする。

2鮭の下ごしらえ

鮭は1切れを4等分に切る。

3焼く

フライパンにサラダ油を熱して鮭を並べ、弱めの中火で2~3分、上下を返して2分ほど焼く。

4仕上げる

エリンギを入れて1~2分炒めたら豆苗を加え、強めの中火にしてAで調味し、しんなりしたら白すり胡麻を入れて仕上げる。

仕上げる
フライパンに材料を時間差で並べていき、一気に仕上げます。疲れた日は調理道具も少ないとうれしいですよね。

“じゃがいもと豚の重ね蒸し”のつくり方

材料材料 (2人分)

じゃがいも2個(300g)
豚肉150g(切り落とし)
A
・ 酒大さじ1
・ 片栗粉大さじ1/2
・ 胡麻油小さじ1
・ 醤油小さじ1
・ 塩少々
・ 胡椒少々
白菜キムチ60g

1じゃがいもの下ごしらえ

じゃがいもは皮をむき、スライサーで薄切りにする。1/3の量を耐熱皿になるべく平らになるように重ね入れる。

2豚肉の下ごしらえ

ボウルに豚肉とAを入れてもみ込んでから、キムチを混ぜる。

3重ねる

②の半量を耐熱皿のじゃがいもの上に広げる。次にまた1/3量のじゃがいもを重ね、残りの肉とキムチ、残りのじゃがいもの順に重ねる。

重ねる
下味をつけた豚肉、キムチの上に直接スライスしたじゃがいもをのせて。これを繰り返したら下ごしらえ完了!

4レンジにかける

ラップをふわりとかけ、600Wの電子レンジで8分加熱する。終わったらラップしたまま3~4分おいて、余熱でしっかり火を通す。

5仕上げる

ラップを取って食卓に並べる。

“わかめと卵ミニトマトのスープ”のつくり方

材料材料 (2人分)

わかめ大さじ1/2(約1g)(乾燥)
1個
ミニトマト6個
長ねぎ1/8本
A
・ 水2カップ
・ 鶏がらスープの素小さじ1
・ 胡麻油小さじ1/3
・ 塩小さじ1/3
・ 胡椒少々

1下ごしらえ

ミニトマトは横半分に切り、長ねぎは斜め薄切りにする。

2煮る

Aを煮立ててわかめを入れ、溶き卵を流し入れてふわりと固まったら①を入れてひと混ぜする。

教える人

重信初江 料理研究家

料理研究家のアシスタントを経て独立し、雑誌やテレビなどで活躍中。身近な食材を使 った再現性の高いレシピに定評がある。旅行好きで韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。晩ごはん献立』など著書多数。インスタグラムもおいしそう。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:椙下晴子 撮影:鈴木泰介