秋の味覚を楽しむレシピ
"さんま定食"と副菜のススメ

"さんま定食"と副菜のススメ

秋の食材さんまをメインにした献立を、料理研究家の重信初江さんに習いました。なんと今回は、30分で完成する一汁三菜です。忙しい平日の夜でも、ぱぱっとつくれますよ。

今晩の献立は“さんま定食”!

さんま定食

30分で晩ごはんを完成させるには、段取りが重要です。まずさんまと野菜を切ります。そして厚揚げをちぎり、しめじなどを入れて電子レンジへ入れたら、さんまを焼き始めましょう。その後、三つ葉とちぎり厚揚げの明太子和えの仕上げて、味噌汁をつくり、さんまの盛りつけたら完成です!

“三つ葉とちぎり厚揚げの明太子和え”のつくり方

材料材料 (2人分)

厚揚げ1枚(200g)
糸三つ葉1/2束(20g)
しめじ1/2パック(50g)
明太子30g
A
・ 胡麻油小さじ1
・ 塩少々

1材料を加熱する

耐熱ボウルに厚揚げを一口大にちぎって入れ、しめじは根元を除き小房に分け、長さ3cmに切った三つ葉も加えて、ラップをかけて600Wの電子レンジで3分加熱する。

厚揚げ
急ぐときは包丁仕事を減らす。厚揚げをちぎることでいつもと違う舌ざわりも楽しめます。

2和える

熱いうちに幅5mmに切った明太子とAを入れて和える。

“さんまの塩焼き”のつくり方

材料材料 (2人分)

さんま2尾
小さじ1/3
サラダ油小さじ1
かぼす1/2個
大根おろしお好みで(100g程度)

1下ごしらえ

さんまはキッチンばさみで半分に切り、全体に塩をまぶす。

2焼く

フライパンにサラダ油を熱し、1を並べてやや強めの中火で3~4分、キッチンペーパーで余分な油を押さえながら焼き、上下を返しさらに2~3分焼く。

焼く

3仕上げる

器に盛り、半分に切ったかぼすと汁気をきった大根おろしを添える。

“小松菜とえのきの味噌汁”のつくり方

材料材料 (2人分)

小松菜80g
えのき茸100g
だし2カップ
味噌大さじ1/2

1下ごしらえ

小松菜は長さ3cmに、えのきは根元を除き半分に切ってほぐす。

2煮る

鍋にだしを煮立てて1を入れ、再び煮立ったら味噌を溶き入れる。

教える人

重信初江 料理研究家

料理研究家のアシスタントを経て独立し、雑誌やテレビなどで活躍中。身近な食材を使 った再現性の高いレシピに定評がある。旅行好きで韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。晩ごはん献立』など著書多数。インスタグラムもおいしそう。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:椙下晴子 撮影:鈴木泰介