器を引き立たせるレシピ
黒酢が効いた"酢豚"

黒酢が効いた"酢豚"

甘酸っぱい黒酢あんが、ジューシーに揚がった豚肉に絡んで美味!ご飯がすすむ、絶品おかずです。器と料理の組み合わせを提案する店「カモシカ」を主宰するオカズデザインさんに、器の紹介と、その器を引き立たせる、目にも舌にもおいしいレシピを教わりました。

定食風にも活躍します

オーバル皿というと欧風なイメージが強いかもしれませんが、実は和食や中華にもよく合います。お茶碗やお椀、小鉢、取り皿など、丸い器が多いなかで、一つオーバル皿があるだけで食卓にメリハリがつくのです。日常的なおかずをざっくり盛るだけでもきちんと見えますよ。酢豚はヒレ肉を使うと歯切れがよく、2度揚げすることで表面はカリッと、中はジューシーな食感に。小麦粉と片栗粉を合わせた衣も、サクッと仕上げるポイントです。

酢豚のつくり方

材料材料 (つくりやすい分量)

豚ヒレ肉250g(塊)
植物油大さじ2(菜種油など)
砂糖大さじ1(粗糖が望ましい)
花椒大さじ1/2(粒)
生姜1片分(せん切り)
揚げ油適量
★ 漬け汁
・ 酒大さじ1(あれば紹興酒)
・ 胡麻油大さじ1
・ 醤油大さじ1
★ 衣
・ 小麦粉大さじ3
・ 片栗粉大さじ2
★ 黒酢あん
・ 黒酢大さじ3
・ 水大さじ2
・ はちみつ大さじ2
・ 酒大さじ1
・ 醤油大さじ1
・ 塩ひとつまみ
・ 片栗粉小さじ1

1豚肉の下準備

豚肉を3cm角に切る。ボウルに漬け汁の材料を入れ、豚肉を15分ほど漬ける。

2黒酢あんをつくる

黒酢あんの材料をボウルに入れてよく混ぜておく。

3衣をつける

別のボウルに衣の材料を入れてよく混ぜ、1の豚肉の水気をきってから、衣をまぶす。

4揚げる

鍋に揚げ油をたっぷり入れ、中火にかける。180℃になったら、豚肉を油の表面積の1/3ほどずつ入れて揚げる(一度に肉を入れすぎると温度が急激に下がり、カリ ッと揚がらないため)。衣がカリッとしてきたら網にあげ、 2~3分休ませてから、もう一度180℃の油に入れ、 2分ほど揚げて油をきる。

5花椒の香りを出す

小さなフライパンに植物油と花椒を入れて弱火にかける。香りが出たら油を残して花椒だけを取り出し、2のボウルに入れる。

6砂糖を加える

5のフライパンの油に砂糖を加え、泡がふつふつしてきたら火を止める。5のボウルの中身をよく混ぜながらフライパンに入れる。

7すべて合わせる

混ぜながら余熱で火を通し、とろみがついてきたら4の肉を入れてよくからめる。
器に盛り、生姜を飾る。

盛りつけ

教える人

オカズデザイン

2000年、吉岡秀治・吉岡知子が結成。“時間がおいしくしてくれるもの”をテーマに、書籍や広告のレシピ制作・器の開発・映画やドラマの料理監修などを手がけている。2008年より東京都杉並区にて、器と料理の店「カモシカ」を不定期でオープンし、作家の器の展示や季節の保存食の販売をはじめ、食にまつわる企画を開催。『二菜弁当』(成美堂出版)など著書多数。

文:藤井志織 写真:伊藤達也

四季dancyu 夏のキッチン
四季dancyu 夏のキッチン
A4変型 判( 120 頁)
2020年06月11日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する