夏の野菜料理で元気いっぱい!
つるんとさっぱり食べやすい"中華風春雨サラダ"

つるんとさっぱり食べやすい"中華風春雨サラダ"

給食で食べたことがあるようなちょっと懐かしい春雨サラダ。夏につるつる食べたいお惣菜です。シンプルに焼いて、さっぱり和えて、豪快に炒めて、と夏野菜の旨味を最大限生かした、植松良枝さん直伝の直球料理をご紹介します。

“中華風春雨サラダ”のつくり方

きゅうりを主役にして夏のおかずとしておすすめです。炒り卵を加えて少しだけボリュームアップ。暑い季節は冷やすとよりおいしくいただけます。

材料材料 (4人分)

緑豆春雨50g
きゅうり1本
もやし100g(約1/2袋)
にんじん1/4本
ハム3~4枚
★ 炒り卵
・ 卵1個
・ サラダ油少々
★ 和え衣(混ぜ合わせる)
・ 胡麻油大さじ1
・ 醤油大さじ2
・ 酢大さじ2
・ きび砂糖小さじ1

1茹でる

春雨は熱湯で4分強ゆで、水にとって粗熱を取る。ザルにあげ、長ければ食べやすい長さに切る。同じ湯でもやしを10秒ほどゆでてザルに広げて粗熱を取る。

2炒り卵をつくる

卵は割りほぐして、サラダ油を熱したフライパンに流し入れ、箸で混ぜながら火を通し、器に取り出して粗熱を取る。

3千切りにする

きゅうりとにんじんは細めのせん切りにする。ハムは半分に切って重ねてせん切りにする。

4仕上げ

ボウルに2と3を入れ、春雨ともやしの水気をしっかりとふきんなどで包んで拭き取ってから加え、和え衣を回し入れてよく和える。

完成

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

料理研究家。人気の料理教室「日々の飯まま事ごと」主宰。自ら畑を耕すほどの野菜好き。野菜の旬をいち早く察知し、料理をつくる。みなぎる野菜の力に、つくり手の食いしん坊パワーがプラスされた料理は、食べ手の鼻と舌を魅了する。食を通して季節の移り変わりを提案。また、花や雑貨と料理のコラボレーションの提案や数々のイベント企画など、活動は多岐にわたる。近著に『春夏秋冬ふだんのもてなし』(KADOKAWA刊)がある。

構成:中村裕子 写真:野口健志

この記事は四季dancyu「夏のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu 夏のキッチン
四季dancyu 夏のキッチン
A4変型 判( 120 頁)
2020年06月11日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。