お昼につくりたい麺料理
生姜香る爽やかな食べ心地"鶏そうめん"

生姜香る爽やかな食べ心地"鶏そうめん"

生姜と青じそなど香り高い香味野菜と、トマトをつかった夏らしい爽やかな一品です。食べると体が涼やかになること間違いなし。さっとつくれて、食べやすく、バリエーション豊かで飽きがこない。そんな三拍子そろった魅惑の麺料理を料理研究家の大庭英子さんに教えてもらいました!ささっと済ませたいお昼ご飯に大活躍間違いなしです。

“鶏そうめん”のつくり方

鶏もも肉を煮ながらつくる鶏スープは、旨味たっぷり。もちろん肉は具にします。生姜の香りが爽やかな冷たい汁麺です。

材料材料 (2人分)

そうめん150g
★ 鶏スープ
・ 鶏もも肉小1枚(200g)
・ 水3カップ
・ 酒大さじ2
・ 生姜の皮適量
・ ねぎ6cm(青い部分)
・ 塩小さじ1
オクラ1袋
少々(オクラ用)
トマト1個
青じそ4枚
生姜1片(すりおろし)

1鶏肉をゆでる

鍋に鶏肉、水を入れて中火にかけて煮立ってきたら、火を弱めてアクを取り、酒、生姜の皮、ねぎの青い部分、塩を入れて20分ほど煮てそのまま冷ます。

2汁を冷ます

鶏肉を取り出し、ゆで汁はこして冷蔵庫で冷やす。

3野菜の下ごしらえ

オクラは塩をまぶしてもみ、熱湯でゆでて冷水にとって冷ます。水気を拭いて幅5mmの輪切りにする。トマトはへたを取って横半分に切り、種を取って1cm角に切る。青じそは縦半分に切ってからせん切りにする。

4鶏肉をカットする

2の鶏肉は半分に切り、厚さ1cmに切る。

5そうめんをゆでる

たっぷりの熱湯にそうめんを入れて混ぜ、表示通りにゆでてザルにあげ、冷水で洗ってぬめりを取り、水気をよくきる。

6仕上げ

器にそうめんを盛り、具をのせて冷たいゆで汁を注ぎ、おろし生姜を天盛りにする。

完成

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

身近な食材を使い、特別な調味料を使うことなくつくるシンプルな料理は、圧倒的においしいと定評がある。和洋中を問わず、多くのカテゴリーのメニューを提案。その斬新なアイデアには目をみはるものがある。

文:中村裕子 写真:鈴木泰介

この記事は四季dancyu「夏の食卓。」に掲載したものです。

夏の食卓。
四季dancyu「夏の食卓。」
A4変型 判( 116 頁)
ISBN: 9784833477079
2018年6月5日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。