夏野菜を食卓に!
海と畑の美味しさがつまった"海老のトマトカリー"

海と畑の美味しさがつまった"海老のトマトカリー"

トマトたっぷり、オレンジ色がまぶしい一品です。カレーは植松良枝さんが主宰する料理教室でも大人気のメニューなのだそう。バター風味がリッチな海老カレーは新鮮な味わいです。季節ごとに食べたい、つくりたい料理のレシピをご紹介。ぜひ、季節のおいしさを味わってみてください!

“海老のトマトカリー”のつくり方

トマトに含まれるグルタミン酸は旨味成分。カレーの味を深めるのには必須野菜です。生トマトにトマトペーストも加えて旨味を強化。

材料材料 (4人分)

海老6~8尾(ブラックタイガー)
A
・ 酢小さじ1と1/2
・ 塩小さじ1/3
にんにく1片分(すりおろし)
生姜1片分(すりおろし)
玉ねぎ1/2個分(みじん切り)
トマト大1個分(粗いみじん切り)
トマトペースト大さじ1と1/2
プレーンヨーグルト1/2カップ
野菜スープ*1と1/4カップ
バター適量
★ パウダースパイス
・ ターメリック小さじ1
・ クミンパウダー小さじ1
・ コリアンダーパウダー小さじ1
・ レッドペッパー小さじ1/2(一味唐辛子)
・ 黒胡椒小さじ1/4
少々
★ クミンライス
・ 米2合
・ ローリエ1枚
・ クミンシード小さじ2/3
・ クローブ2個
・ 塩ひとつまみ
・ バター小さじ2
香菜適量(ざく切り)
青唐辛子適量(小口切り)

*市販の固形野菜ブイヨン1/2個を湯1/4カップで溶いたもの。

1クミンライスをつくる

洗った米を炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を加える。バター以外の材料を加えて混ぜ、普通に炊き、炊き上がりにバターを加えてほぐす。

2海老の下ごしらえ

海老は尾を残して殻をむき、背に1本深めに切り込みを入れる。あれば背ワタを取り除き、Aをもみ込んでおく。こうするとくさみが取れる。

海老の下ごしらえ
海老の背に深めに包丁を入れます。背ワタが簡単に取れるだけでなく、火を通すと大きく開いて、海老の存在感がアップします。
海老の下ごしらえ
海老は酢と塩をもみ込んでおくと、下味がつくだけでなく、生臭さが取れます。

3炒める

厚手の鍋にバター大さじ3を入れて溶かし、海老をさっと炒めて表面の色が変わったらいったん取り出す。続けてにんにくと生姜、玉ねぎを加えて炒める。

4スパイスを加える

玉ねぎが透き通ってきたらトマトとトマトペーストを加えて炒め、3の海老を戻し入れ、パウダースパイスと塩を加えて混ぜる。

炒める

5仕上げ

野菜スープ、ヨーグルトを加えて沸騰したら弱火で15分ほど煮込む。仕上げにバターを大さじ2~3加えて混ぜ、クミンライスとともに器に盛り、香菜と青唐辛子を散らす。

完成

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

季節を料理だけでなく、生活にも取り入れながら暮らす料理研究家。大人気の料理教室「日々の飯事」を主宰。母になってからは、日々成長する子供にも季節を映すようになったとか。子育てしていても食に対する想いは増すばかり、と女友達のバックアップを受けながら、親子での台湾「食」の旅を敢行。初夏には、1人メンバーが増えた喜びを噛みしめながら親子3人でバスク地方に出かけ、たくさんの収穫を得て帰国。

構成:中村裕子 写真:野口健志

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。