夏野菜を食卓に!
酸味のアクセントが甘味を引き立たせる"焼きかぼちゃのアンチョビマリネ"

酸味のアクセントが甘味を引き立たせる"焼きかぼちゃのアンチョビマリネ"

「土用」というとついついうなぎを連想してしまいますが、旬の食べ物を食べることが肝要です。今回は今が旬のかぼちゃを使ったレシピをご紹介します。植松良枝さんが主宰する料理教室で登場する季節ごとに食べたい、つくりたい料理のレシピをご紹介します。ぜひ、つくってみて季節のおいしさを味わってみてください!

“焼きかぼちゃのアンチョビマリネ”のつくり方

春、夏、秋、冬。一年に4回、それぞれの季節に「土用」はあります。立秋までの18日間、最も暑さが極まる時期が夏の土用です。疲れた体を整え、元気に秋を迎えるための大切な時期でもあります。無理をせず、消化のいいものを食べて次の季節に備えましょう。
夏の土用は「うなぎ」というイメージが強いようですが、旬の食材を上手に取り入れることが大切です。夏の太陽を浴びてパワフルに育ったかぼちゃととうもろこしは、どちらもやさしい甘味があって夏の土用におすすめの野菜です。明るい黄色も目にやさしくて食欲もそそり、暑さに疲れた体を中から癒やしてくれるものです。滋味あふれる雑穀やピリリと辛い生姜、滋養を高める甘酒なども夏の土用に摂りたい食材です。

材料材料 (2~3人分)

かぼちゃ150g(正味)
万願寺唐辛子4~5本
アンチョビ3~4枚(フィレ)
★ マリネ液
・ 酢大さじ3(白ワインビネガーがおすすめ)
・ はちみつ小さじ1/2
・ オリーブオイル大さじ1
・ レーズン軽くひとつかみ
・ にんにく少々(すりおろし)
・ 塩小さじ1/4

1下ごしらえ

かぼちゃは種とワタをとって厚さ7mmに切る。万願寺唐辛子は斜め半分に切る。マリネ液を大きめのボウルに混ぜ合わせておく。

2焼く

焼き網、またはグリルでかぼちゃと万願寺唐辛子を香ばしく焼き、マリネ液に加えて味をなじませる。皿に盛り、食べやすくちぎったアンチョビをのせる。

完成
和風の煮つけもいいけれど、さっぱりマリネは夏におすすめです。かぼちゃの甘味にプラスしてレーズンを入れるとグッと味わい深くなります。

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

季節を料理だけでなく、生活にも取り入れながら暮らす料理研究家。大人気の料理教室「日々の飯事」を主宰。母になってからは、日々成長する子供にも季節を映すようになったとか。子育てしていても食に対する想いは増すばかり、と女友達のバックアップを受けながら、親子での台湾「食」の旅を敢行。初夏には、1人メンバーが増えた喜びを噛みしめながら親子3人でバスク地方に出かけ、たくさんの収穫を得て帰国。

構成:中村裕子 写真:野口健志

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。