夏のスパイス&ハーブ料理
きゅうりとディルですっきり爽やかな夏の水餃子

きゅうりとディルですっきり爽やかな夏の水餃子

ピリッとしたスパイスや爽やかなハーブをつかった夏にぴったりの料理を、料理家の小堀紀代美さんに教えていただきました。1品目はきゅうりとディルを加えた、シャキシャキ爽やかな水餃子です。

料理を引き立てるスパイス&ハーブ使い

カレー粉、赤唐辛子、青唐辛子、胡椒、生姜……、料理をつくったことのある人なら誰でもこんなスパイスの2つや3つはキッチンにあるはず。ハーブ=薬味も同様で、しそやミント、バジルなどに加えて近頃は香菜を使うのも日常茶飯事という人も多いのでは?
その昔、薬や防腐剤としての役割が大きかったスパイスは今は料理を引き立てる大切な存在。好評発売中のdancyuムック「四季dancyu夏のレシピ」で、おかずをおいしくするスパイスとハーブ使いを小堀紀代美さんに教えてもらいました。猛烈にスパイシーというわけではない、でもあるとないとではおいしさが全然違う、そんな普段使いのレシピ。
今回はその中から、小堀さんが台湾で食べた味をアレンジしたという、きゅうりを使った水餃子をご紹介します。

夏の水餃子のつくり方

材料材料 (約35個分)

豚ひき肉400g
セロリ1本(葉つき)
ディル1パック
きゅうり1本
生姜1片分(すりおろし)
胡麻油大さじ2
小さじ1
餃子の皮35枚(大判)
★ たれの材料
・ 米酢適量
・ 醤油適量
・ 粗挽き黒胡椒適量

1素材を切る

セロリはみじん切りにし、ディルは軸ごとみじん切りにする。きゅうりは5mm角に切る。

素材を切る

2肉と混ぜる

ボウルに豚ひき肉と1を入れ、生姜、胡麻油、塩を加え、ディルが全体に行き渡るようによく混ぜ合わせる。

肉と混ぜる

3包む

餃子の皮の縁に指で水をつけ、2の餡を大さじ1ほどのせて半月に包み、両端を手前で合わせてくっつける。

包む
包む

4餃子をゆでる

大きめの鍋に湯を沸かし、餃子を入れ、皮同士がくっつかないように箸で混ぜ、3~4分ゆでる。

餃子をゆでる

5水気を切って、盛る

浮いてきたら火が通った証拠。網などですくい上げて器に盛り、米酢、醤油、胡椒を添える。

取り皿には酢と粗挽き黒胡椒。好みでほんの少しの醤油。この水餃子にはこれがおすすめです!

教える人

小堀紀代美さん

小堀紀代美 料理家

レストランのマダムからカフェ「LIKE LIKE KITCHEN 」の料理担当を経て、現在は料理教室「LIKE LIKE KITCHEN 」主宰。確実においしく作れるレシピにファンも多い。おいしいもの好きが高じて世界各国を食べ歩き、そんな経験から、スパイスやハーブ使いの達人でもある。

※この記事の内容は、「四季dancyu 夏のレシピ」に掲載したものです。

文:松原京子 写真:邑口京一郎

四季dancyu「夏のレシピ」
四季dancyu「夏のレシピ」
A4変型判(120頁)
2021年6月11日発売/1100円(税込み)
この本を購入する